5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

できるかな?

1 :美雪の友達:2000/05/15(月) 22:07


大学二年の時の英書講読の授業で、
アロウの一般可能性定理なるものを原書で学んだ。
民主的意思決定とはいかなるもので、それを実現しようとしても、
その原則に反して独裁的な意思決定が可能な場合がどうしても
出てくる、といったものであった。
東京大学出版会から佐伯著「きめ方の論理 社会的決定理論への招待」
という本が出ていて、詳しくかつわかりやすい解説が載っている。

これなんかも批評家が引き合いに出しやすい話なのだが、
アロウの一般可能性定理、ちょっと説明しておこう。
定理は、公理群から導出される。

公理1・個人選好の無制約性
社会の構成員はすべての選択肢に対してどのような選好を表明してもよい。
x、yがあれば、どちらかを上位にとるか、同等とするか、どれもできうる。

公理2・市民の主権性・パレート最適性
社会の構成員すべてがxよりyを選好すれば、社会的決定もその
通りにならねばならない。

公理3・無関係対象からの独立性
例えばxとyについての選好が一致する集団が2つあるとして、
両者のzに関するx、yとの選好が一致してなくても、xとyについての選好に
対しては影響を与えない。

公理4・非独裁性
社会の構成員の中で、ただひとりの人物の選好順序が他の
構成員の選好内容にかかわらず常に社会的順序として
採用されるということがあってはならない。


アロウの一般可能性定理とは、二人以上の構成員からなる社会が
三つ以上の選択肢に関して社会的決定を行う場合、公理1から4までを
満足させる決定方式は存在しないということである。公理1から3で、
独裁者を導出できる(公理4の成立不能)。




2 :美雪の友達:2000/05/15(月) 22:08
できる人はいるでしょうか?

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)