5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

真空

1 :名無しさん:2000/08/28(月) 04:12
真空っていうものは、何でできてるんですか?

2 :名無しさん:2000/08/28(月) 04:32
場の量子論を知らないと真空の定義はわかりませんので
そこまで勉強して下さい。

3 :>1:2000/08/28(月) 11:17
一見「何も無い」と考えがちですが「真空」と「無」は違います。
真空は負の電子が規則正しく並んでいます。

4 :名無しさん:2000/08/28(月) 12:30
>3
真空が電荷で満たされているという意味でしょうか?

5 :>4:2000/08/28(月) 14:30
ですね。
具体的にはこれ以上説明できませんが負の電子エネルギーが存在すると
電子そのもののエネルギーを放出してしまい、この世から電子エネルギーが
消えてしまいます。この結果を避ける為に負の電子エネルギーは規則正しく
並んでいる状態という結論になり、これを「真空」とあらわしたことになります。



6 :2:2000/08/28(月) 19:45
bosonicな系の真空の定義はそれではできないよ??>3
ディラックの海はあくまで便宜上のものです。

7 :実験屋@UT:2000/08/28(月) 23:06
生成消滅演算子使ってEnergy−momentum tensor書く。
エネルギーの項だけC数が出てくる。全空間,運動量についての
積分があるので、当然発散する。
1.
 真空の0点をずらす。--->Dirac
 2>ディラックの海はあくまで便宜上のものです。
 2さんのおっしゃるとおりだと思います。
2.
Normal-ordered productで計算!
 生成演算子は左、消滅演算子は右 にあつめる。
 ---->C数は出ない。

この考え方は不自然。
(つーか自由場限定。
そーじゃないときは,あまり自然な形でかけないので、
こいつら中心で,考えるのは不自然)

3.
 SUSY
 (ボゾンループ+フェルミオンループ)=0
-->真空

なんか、場の量子論の授業でやった記憶がある。


8 :2:2000/08/29(火) 00:44
SUSYがexactなら完全に0でOKですね。
ただ現実世界では破れているから
2次発散は抑えられてもlog発散は出てしまう。

けれどそのおかげでSUSY QFTはnon-SUSY QFTとくらべて
適応できるエネルギースケールが格段に上がる、って感じですか。

「真空」は effective potentialがminimumになるような
場の配位、というのが一番generalな定義だと思います。


9 ::2000/08/29(火) 05:31
十分と言えない質問スレにレスありがとうございます。感謝です。
「真空」という言葉をだすと定義になってしまうんですね。
8>エネルギーの最小状態という捉え方でいいのでしょうか?

例えば宇宙の膨張。というのがありますが
それはエネルギーが希薄になるということですか?
電子が規則正しく並んでいるとすればその距離が広がっているということですか?
またその電子と電子の間にはなにがあるんですか?なにもあり得ない?
物質の無いところに何があるのか?という質問は見当違いでしょうか?

懲りずにレス頂けると幸いです。


10 :8:2000/08/29(火) 06:09
量子補正を加えた段階でのエネルギーの最小状態、と
考えていただければ良いかと思います。
ただしいろいろな最小値をとる場合があって
「真の」真空と「偽の」真空があり
その間で相転移が起こる、とかいうこともあります。

宇宙膨張ですが、膨張に伴って物質のエネルギーは下がります。
しかし、「真空」そのものが持つエネルギーという物は
その「空間のある点」が「存在する」ことにのみ起因するので
「真空エネルギー」は膨張しても希薄になりません。
これがインフレーションを引き起こす原因になっています。

11 :名無しさん:2000/08/29(火) 11:02
真空って全く音を伝えないんですか?

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)