5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

作曲の理論を学べる本教えてください

1 :小室徹夜:2000/03/10(金) 10:02
って事でヨロシク。

2 :名無しさん:2000/03/10(金) 12:24
やだ。

――――――――――――終了――――――――――――

3 :>1:2000/03/10(金) 15:54
楽器やさんで売ってます。
みーんな同じ内容。学ぶこと無し。

本に書いてある程度の知識、自然と身につくと思うけどね。
頭より体。弾けってば。ネットやってる暇あんなら。

4 :りんしょうれい:2000/03/10(金) 16:02
十二音技法、とかなら本が要る。専門書買え。

5 :名無しさん:2000/03/10(金) 17:23
>3 対位法とかは?

6 :古本屋:2000/03/11(土) 02:29
ユーフォニーの頃に出たカシオペアの本。。。

7 :名無しさん:2000/03/11(土) 16:37
旋法とか近代和声の使い方の本てあります?

8 :>2:2000/03/11(土) 18:31
氏ね。

9 :>8:2000/03/12(日) 07:26
やだ。

――――――――――――終了――――――――――――

10 :(^^):2000/03/12(日) 10:09
>1さん

作曲は本とかからやら無い方が良いよ。訳わかんなくなるから。
今、キミはどの程度のスキルがあるのか解らないから何とも言えないけど、
とにかく手探りで色々やってみた方が作曲の理論の上達は早いと思うよ。


11 :能無しさん:2000/03/14(火) 18:48
これあんまり盛り上がらないね。坂本龍一の音楽史とかどうでしょう。
技法自体は詳しく書いてないけど、こういった技法や概念があるとか知る事ができるし。
何を学ぶべきかとか読後にみえてくるんじゃないでしょか。

12 :名無しさん:2000/03/14(火) 22:02
YMOオタは氏んで

13 :しゃーないからまじれす:2000/03/16(木) 16:24
篠田元一「新実践コードワーク理論編」
でも読んでおけ


14 :ついでに:2000/03/16(木) 16:25
トイレに籠もるときには
楽典でも読むべし
5000円くらいのでいいからさ


15 :13は:2000/03/24(金) 15:57
マジで良い本だぞ。

16 :初魚浦見:2000/03/24(金) 18:52
篠田元一「新実践コードワーク理論編」
私もおすすめします。

17 :>11:2000/03/25(土) 04:10
1にいきなりそれ読ませても理解できないと思うぞ。
「全仕事」、「音楽史」ともに理論を知っていることを前提に
書かれてるんだから。


18 :鰯サン:2000/03/25(土) 04:26
みんな勉強家だな。昔、ギターマガジンを切り抜いてた。。

19 :りんしょうれいZ:2000/03/25(土) 22:10
本で勉強してもなぁ・・・

20 :名無しさん:2000/03/25(土) 22:21
じゃあ手探りでいちいち自分で法則発見していけってか?

21 :#9:2000/03/25(土) 22:54
頭には入っても理解できてないことって多いと思う。
理論は、本で読んで頭にたたき込んでから、
自分でいろいろ作っていくうちに文字通り「体得」するものではなかろうか。

つまり本だけ読んでも無駄。
感覚の集大成なので字面だけ見たってイミがないのだ。
手探りで音をつなげていって曲を作った後で雑誌を読んだら、
その手法がのっていたなんてことも、あるかもしれない。
俺はないけどね。まず本読んだから。(もちろん最初は理解不能でした)

理論も演奏と同じく、一朝一夕で成るものではない。
14さんの言うとおり、トイレにはいるときは理論の本を持っていき、
理解できなくてもとにかく頭に入れること。
そのうち、頭に詰め込んだ情報が見事につながるときがきます。
自転車みたいなもので、ある瞬間に突然理解できるようになるから。
それまでは、まあ 適当にやってろ。どうにかなるさ。


22 :りんしょうれいZ:2000/03/25(土) 23:05
いや、そうゆうことが言いたいんじゃなく、なんていうか
キミはどうせ本なんか読んでも分からんと思うよ?
作ってみて変じゃなけりゃいいんだよ。

23 :理論を学ぶのは:2000/03/25(土) 23:28
視点の導入だな。他人の視点に自分よりいいものがあるかもしれない。
井の中の蛙にはなりたくないな。

24 ::2000/03/26(日) 03:30
なんか今夜はターボ付きだな >rin
歌おうよ♪   

 

25 :りんちゃん(たぶん本物):2000/03/26(日) 03:38
てゆーか、おれもどっちがニセモノかわかんなくなってきた(笑)。

不可識別者同一の原則により、「りんしょうれい」は
共有ハンドルになった模様。

26 :紅鮭:2000/04/02(日) 20:00
音楽/楽器専門誌の連載。歌本。
Joe Pass 「CHORD ENCOUNTERS for Guitar」(株)ATN
↑当然ギター向け
6 は「A BOOK OF CASIOPEA」 jazzLife 別冊 です。


27 :名無しさん:2000/04/10(月) 18:45
篠田元一「新実践コードワーク理論編」?
本の印税で生活立ててるライターさんの著作読んだって
時間の無駄でしかないでしょ。
作曲センス皆無の奴の理論書から学べるものなんて
何もないにょ〜

理論なんてたいして知らなくてもプロでガンガンやってる
人は沢山いるし、理論バッチリでもお仕事さっぱりな人も
いる。なんでだろうね。


28 :>14:2000/04/11(火) 19:13
楽典って何?
どんなものなの?

29 :ところで:2000/04/12(水) 10:43
1はどこに行った?

30 :はぁ?>27:2000/04/12(水) 14:10
理論を学ぶのと作曲のセンスが関係あるという
おまえの頭の方がどうかしてるよ

楽典ってのは音楽用語の辞書です>28
分からない単語があったときにさっと調べられて便利
トイレのお友にどうぞ(笑)


31 :>27:2000/04/13(木) 07:56
煽りマンの俺でさえ煽りたくなくなるぐらいのバカさ加減だな。
おまえのバカさ加減には父ちゃん情けなくて涙出てクララ。

32 :さらに>27:2000/04/13(木) 13:49
私は篠田氏の知り合いではないし
その本に出てくる曲例について
「センスあるぜ」とは思わなかったが、
書いてある内容の良さとは無関係ぜよ。

あなたアタマ悪いです。>27

33 :名無しさん:2000/04/13(木) 20:50
28>30
ありがとう。
音楽に辞書なんてあったんんだ知らなかったー

34 :りんちゃん:2000/04/13(木) 22:24
>音楽に辞書なんてあったんんだ知らなかったー

ちょっと違う。むしろチャートに近い。


35 :ぬおぉー:2000/04/23(日) 11:57
初めまして、大阪のぬおぉーと申します。

◆音楽理論については、「楽典」と名が付いている、350ページ以上、
2@`500円以上のものを買いましょう。
中には改訂されておらず、古い語句で書かれてあるものもありますので、
改訂年度の新しいものがお奨めです。

※うちのサイトはその理論に基づいた自作クラシック中心ですが、
 試聴できますので、是非聴きにいらしてはいかがですか。
 http://www.interq.or.jp/osaka/inside/

36 :氏ンで:2000/04/23(日) 13:27
35は

37 :うら:2000/04/24(月) 00:09
篠田氏の「新実践コードワーク」は名著なのか、俺の周囲にも買った奴はたくさんいる。
でもみんなちょっと読んだだけで挫折している。
ある程度基礎知識のあるキーボーディスト向けの本だね。
いきなりゼロから学ぼうとするには難しいと思う。
俺は雑誌の連載で読んでいたけど、ためになるのも結構あった。
でもあの譜例なんかは丸飲みにしないほうがいい。
書かれた時期が結構前だし、ちょっとセンスが古い。
(80年代風、ということで、悪いという意味ではない)
でもその古さがまた、いわゆるプロっぽい音作りの秘訣だったりする。


38 :名無しさん:2000/04/24(月) 06:56
雑誌の連載なんかは、構えずに読めっちゃったりするのがイイトコかも
嫌になったらインタビュー記事に逃げ込めるし♪

39 :バーバラ:2000/04/24(月) 09:39
篠田の本はマジでイイ本だと思うよん。割とコンパクトに
まとまっているし。譜例さ、本当にどうしようもないくらい
ダサダサのメロディーだったりするんだけど、そんなことは
どうでも良いんだよね、単なるたたき台だものね。

40 :(^^):2000/04/24(月) 12:15
ナベサダの理論書はどうかな?


41 :バーバラ>40さん:2000/04/24(月) 14:26
「ジャズ・スタディ」でしょ?あれもイイよ。安いしね。
ただ、マイナー・キーのコード・プログレッションに
関する解説が弱いのが惜しいですね。

42 :こんなの:2000/04/24(月) 17:47
本だけで勉強するヤツの気持ちがわかんないね

43 :まあまあ、:2000/04/24(月) 18:05
まあまあ、

44 :ここはひとつ:2000/04/24(月) 19:02
懐柔されてはくれませぬか

45 :初魚浦見:2000/04/24(月) 19:35
私の場合、本を見ながら楽器を演奏して確認などします。
自分や他人の曲を分析して、本の内容にあてはめて確認などもします。
本以外でも勉強になることはあります。人にいろいろ教えてもらったり。
本だけで勉強するのは、さすがにおもしろくありません。

というくらいの妥協点で仲良くしてね。>42

46 :>42:2000/04/24(月) 20:29
誰が本だけ見てるって逝っているんだよしネバか

47 :名無しさん:2000/04/24(月) 22:00
まったくだ>46
やっぱ音楽やってる奴は脳味噌逝っちゃってるやつ多いな(笑)
死ね>42


48 :名無しさん:2000/04/24(月) 23:45
>音楽やってる奴は脳味噌逝っちゃってるやつ多いな
わかって言ってるみたいだけど、お前もな>47
俺もか(笑)

でも42は違うぞ。ざまみろ。

49 :47:2000/04/25(火) 16:25
お前もな(笑)そして俺もな(笑)




50 :名無しさん:2000/05/15(月) 08:09
   

51 :名無しさん:2000/05/16(火) 02:31


52 :>35:2000/05/17(水) 06:13
僕はピアニストだから作曲科の学生ではないけどスキルアップに今和声対位法の予科やってる。
日本の大多数の音大の音楽理論(作曲科も含む)に比べると一応レベルは高い。
35のサイトだけど非常に申し訳ないがこの人の曲(デモ)は理論的には間違いだらけ。
センスは大事だけどちゃんと本も読まなきゃいけないし、やはりそれなりの人から
徹底的に実践の訓練を受けないとだめだよ。
真似事なら小学生のころからやってたけど今見ると間違いも多い。
とりあえず「和声 理論と実習」全三巻(音楽乃友社)位はちゃんとやったら?

53 :>52:2000/05/17(水) 06:32
そうだね・・・。
35はやばいなァ。
音楽止めたほうがいいくらいやばい・・・。
理論的にというか・・。一聴瞭然と言う感じですな・・。
ボクはジャズ系でやってるけど、「和声 理論と実習」ぐらいはやったぞ。
というか本高すぎ。



54 :52:2000/05/17(水) 07:05
>35 ほんとほんと。第三巻が当時6200円でした。

さっきはいやな書きかたしちゃったけど結局基礎的なクラシックの知識は必要。
坂本隆一だって藝大でてるよね。

55 :名無しさん:2000/05/17(水) 07:28
便乗ですが
各分野(対位法、12音等)ごとにおすすめの理論書あれば教えていただけませんか?
通論、ジャズスタディ、ブルーノートと調性等はもうやりました


56 :syoonjoe:2000/05/17(水) 07:52
理論書も、クラシックか歌謡曲か、はたまた現代音楽かでテクニックやルールが違うようです。
どういう音楽をやろうかというので選択するものも変わってくるんじゃないかなと思います。
でもやっぱり、和声や対位法は勉強するといいでしょうね。
僕も独学で少しずつ本は読んでますが、今までと違った音への接し方というか、今までもやもやしていた”意味”みたいなものが見えてきて楽しいです。
絶対に必要かどうか、というのは、その人が音に何を、どこまで求めているかにもよるんだと思っていますが、やって決して損は無いと思いますよ。
絵を書いたりデザインをやるにも、例えば色彩学の知識は無いよりはあった方がいいはずですしね。
そうすることで、体系的に”感覚”を養うことは出来ると思いますよ。
参考になるかわかりませんが、
 「大作曲家11人の和声方 上・下(全音楽譜出版社 ISBN4-11-800185-3)」
という本が、旋法和声から近代の和声(ドビュッシー)までのサンプルや演習問題が載っててなかなかいいですよ。
ただし、1冊7210円ですが…。

ところで、よく「ドビュッシーの和声はわけわからん」というようなことを本なんかで目にするんですが、どういう意味なんでしょうか?
理論や技法を学ぶことで、おのずと分かってくることなんでしょうか?

それから、54番の最後、坂本”龍”一ですよ〜。

57 :こんなこと言ってごめんなさい:2000/05/17(水) 12:35
 35の人のページ行きました。
 僕はまだ理論とか技法とかきちんと知らないんですが、このページで最初に流れる曲は、理論とか以前にとてもつまらない曲に思えました。
 「理論にしたがった曲」を載せていると書いてらっしゃいましたが、理論(技法)では、例えば「旋律は常に流動的であること」という前提があるはずなんですが、それが守られているようには聞こえませんでした。
 それにあの全体的に漂う演歌のような響きはなんでしょうか。
 演歌が悪いというのではありませんが、それなら古典ではなく、演歌の技法(理論じゃない)を学ぶべきだと思います。
 どっちにしても、表現の意図もこだわりもあまり聞こえては来ないものでした。
 せっかくの理論も、自分の中にそういったものが無ければ持ち腐れなのではないでしょうか。

58 :>57:2000/05/17(水) 15:22
基本的に演歌は「こぶし」だといわれますが、
作曲上5音音階が基本とされます。ただ、最近はその風潮も
なくなり、かなりポップスよりになっているものも多いですね。

で、35の奴の曲(曲というのもおこがましいが・・・)そういう響き
に聞こえるのは一部、偶然にそういった5音音階が出来上がっている
からで、おそらく意図されたものではないでしょう。

なんか、音がぶつかりまくっていますしね。
最終的にはその人の、耳とセンスによりますので、
35はもう、いくら勉強しても、理論的におかしい部
分はなくなっても良くはならないのは目に見えてます。
53が言っているように、35は音楽やめて、その時間を別のことに
費やしたほうが建設的かと思われますが。




59 :スレッドの趣旨に反しててごめん:2000/05/17(水) 15:58
>偶然にそういった5音音階が出来上がっている からで、おそらく意図されたものではないでしょう。

 そう!5音音階ですよ。ど演歌。
 でもそれが意図的でないなんて僕には信じられませんよ〜。
 いや、演歌的響きでもいいんです。日本の心です(笑)
 ただ、最初に鳴ったコードが変化しないで平行で進み続けるというのはいったいどういうことなんでしょうね?
 それにしたって、旋律をその分工夫すれば表現として成り立つだろうに…

 5音音階にしたって、歌謡曲は取り入れつつ、ど演歌にはまず聞こえないように作ってるし、ドビュッシーだって取り入れたりしてるはずなのに、
 ”理論に基づいたクラシック作品”がそれらの作品にも似付かぬ醜悪さってのは一体どういうわけ?
 理論以前の問題、ていうか理論越えてますよね(笑)

>音がぶつかりまくって

 しかも意図せず、ですよね、これは間違いない。
 僕はその”ぶつかる音”を使ってむしろ響きの美しさや楽しみを
追及、研究したりしてるんですが、あの”データ”はそういった意志も意図もなく、ただ無意識と無自覚からくる
だらしない響き、という風に感じてしまいました。
 偶然のぶつかりでも、それが断片的にしろ美しい響きであればまだ良かったのに、
それすら感じられない。
 ていうかあれベロシティベタでしょ。響きとか以前に、そりゃないよ、って感じ。
 ストラヴィンスキーかてめえは。

 ていうか、35のサイトって、なんだかよくわからんけど、楽曲制作とかいって
商売してるとこですよね(それだけじゃないみたいだけど。)。
 依頼したらぬおぉー氏のデータのような作品が上がってくるのでしょうか。
 しかも2、3分で数千円〜1万円とかで!

 これ、笑い事じゃないですよね。
 音をなんだと思ってるんだろ。
  

60 :shoplifter:2000/05/17(水) 16:52
みんな掲示板で人の悪口書きまくったり、
えらそうに理論を講釈したり自分のテクの
自慢してるけど、(僕もそうですが)じゃあ
どんな曲作ってるんだと言われたら少しは
謙虚にならざるを得ないのでしょうね。
そういう点で、35は自分の曲を公開してる
のは勇気のある行為だとおもいます。
いや聞いていないんだけど、(想像はつく
が・・・)案の定みんなにケチョンケチョンに言わ
れてますね。
かわいそうに・・・
と言うわけで、僕も見習って皆さんの批判
の矢面に立ちたいと思います。
http://www.members.tripod.com/shoplifter/midi.html
批判、雑言、悪口、大歓迎です。
高校生から大学生の頃kawaiのQ-80と
RolandのSC-55でしこしこつくっていたもの
です。
イタリアの地名のついている曲は、当時
とち狂って聞いていたいわゆる「現代音楽」
風の曲です。
音楽理論の知識がある人が聞いたらどん
なかなーと興味ある・・

61 :Re:60:2000/05/17(水) 17:26
 聴きました。今裏で”Venetia”再生してます。
 おもしろかったです。率直に。
 理論・技法としてどうかってのはよくわからないですが、この無調的な響きが「現代音楽風」
といったところなのでしょうか。
 前半の調的なものと無調的なものが入れ替わるように巡るところはスリリングで美しく、楽しく聴かせてもらいました。
 しかし後半急に調的なものだけが顔を出すようになってからは、とたんにつまらなくなってしまいました。響きはいいと思うんですが、進行が単調で、これと工夫された旋律を
からませるなどしてダイナミックな調と響きの変化を期待したのですが…。

 あと残念だったのは「MIDI」ファイルだったこと。
 そのSC-55で鳴っているのが聴いてみたいです。
 55とQuickTimeでは音も違うし、ミックスも変わってくるから印象も響きも変わってしまってるんじゃないでしょうか?

 でも楽しかったですよ。少なくとも、意志を持って音を置く、表現しようとしているというのを感じ取ってくれるリスナーは少なくは無いんじゃないでしょうか。
 (もっとも趣味の問題は残りますが…)
 ちょっとやられたー、て感じです(勉強不足だからと言わないで…)

 それから、僕の書き込みは多分”講釈”系になるので、shoplifter(ゲームネタ?)さんはいいように思わないかもしれないですが、それは、ただ
「この曲駄目じゃん。クソ!」
 とか言い捨てるようにはしたくないな、というのがあるんです。
 いや、ほんとはそうしたいんですが(笑)、何が悪いのか、ということを少しでも説き明かして次につなげたいな、という思いがあるからなんです。
 そうして交換される意見は決して無意味とは言いきれないと思いますよ。

 他のも聴かせてもらいます。

 ていうか趣旨変えちゃってごめんなさい…

62 :kirin:2000/05/17(水) 17:40
音楽理論の知識のない人は楽しかったよ。

63 :shoplifter:2000/05/17(水) 18:06
自分で作った曲をちょっとでも批判されるとめちゃくちゃ腹立つ
くちなんですが、率直な感想、ありがとうございました。

現代音楽っていろいろありますけど。要は12音全部好きな時に
使っていいんだろ!と勝手に解釈して作ってみたんです。

ただ、それだけじゃつまんないので一般的な調整を持った部分と
組み合わせて大衆受けをねらってます。

単調な進行は、ミニマル・ミュージックです!(すみません)

っていうか。マイケル・ナイマン真似しました。

後、無調だけでやると「怖い」雰囲気になるのがいやだったの。
(なんでですかねー)

高校の頃はシュニトケとか色々頑張って(笑)聞いていましたが、
今はもうだめ。

聞き続けてるのはペルトとノーノくらいです。本もカッパノベル
ズしか読めない体質になってしまったし。


ところで、Quicktimeの音源はいまいちですね

アップグレードのダイアログがしょっちゅう出るのもうっとうし
いし。

講釈については、みんなすごい知識で敬服しますが、その知識で
もってどんな曲作ってるのかなーという疑問が・・・

あ、この曲だめじゃん!というのもOKですよー

64 :shoplifter:2000/05/17(水) 18:09
っていうことは、その音楽理論が
まちがってるっていうことですかねー>KIRIN

65 :52.54:2000/05/17(水) 21:59
shoplifterさんへ
聞きました。ここまで時間をかけて作りこむことは僕はしていないので尊敬します。
趣味のレベルとしてはすばらしいと思います。(こういう風に書くと怒られそうですが)
僕は主に合唱曲とかをたまーに作っています。もちろん、趣味ですけどね。学校の合唱コンクールの課題とか、この間は僕の通っている教会でミサ曲を作りました。
でも、現代曲は作ったことないです。でも、ここがクラシック的な縄張り意識なのかもしれないですけど結局それをやったらプロの作曲家
にはかなわないんですよ。専門的な教育と並々ならぬ訓練が必要ですから。だからそこは僕は身の程わきまえようと思っています。
35さんをけなしたのはそれでお金をとろうってのがちょっと問題だと思ったからです。僕は本業のピアノ以外はボランティアでやってますから。まあ、依頼者がいるならいいですけど。
次元の違う話ですけどベートーヴェンにせよモーツァルトにせよものすごい教育を受けています。似たようなことして真似しようと思ってもとってもかなわないです。理論がわかってくればくるほど彼らの偉大さには感服するばかりです。
バッハもね。ショパンもラヴェルも武満も、ついでに坂本「龍」一もみーんなね。


66 :kirin:2000/05/17(水) 22:12
深く考えないでちゃぶ台。
俺は威張れるほど理論知っている訳ではないし。
ロッキンロールも大好きだし。
自分が聴いて嫌な音楽、が世間で評価されていることもあるし。
その中に自分にかけている価値観を発見することもあるし。
人にけなされたって、自分の創った作品は大好きだし。
以下略。。
# いい意味で手の掛かっている音楽だなと思ったよ > shoplifter氏

67 :52.54.65:2000/05/17(水) 22:19
つづき
曲については全部は聞いてないですが、発想とか楽しいところがたくさんあるんですけどクラシックの耳で厳しく聞くとちょっとつまらなかったのは確かです。
ちょっと単調に流れる嫌いがありますね。和声感とかバスとか。あとなによりテンポ感が単調です。(MIDIだから仕方ない面もあるけど)テクニック的に未熟って感じはします。(自分のことは棚に上げてます。すみません。
まだコンピューター初心者なのでよくわかりませんがいつかアップしますね)
もし今の方面に興味があるならリゲティとか聞いてみてください。シュニトケもわかりやすくていいですがメシアンとかブーレーズも聞いてみてください。
デュティユーなんかも自然に飲み込めると思います。ちょっと時代はさかのぼりますがスクリャービンも面白いですよー。
言葉で説明するの難しいんですが、すばらしいものってたいていは理論的にもびっくりするくらいすばらしいんですよね。
そんなこと知らなくてもすばらしく感じるんでしょうけど、理論的なうまみがあると聞いていてぞくぞくします。
それは、楽譜とにらめっこしないと見つけ出せないようなものじゃないんですよ。
いい曲を演奏していると日々発見があります。
僕はshoplifterさんがその情熱を持って音楽をもっと勉強し愛してくれたらとっても嬉しいです。
新作待ってますね。 

68 :52.54.65.67:2000/05/17(水) 22:25
最後に
かく言う僕も学校では先生に直されてばかりです。専門外なのでもちろん未熟者です。
でも、やっぱり先生が直したあとって説得力あるんですよね。だから、やっぱり訓練と勉強が必要だと思います。
やはり以前よりは僕もテクニックがつきましたからね。おかげで。
でも、専門家への道のりは遠いです(なる気はないけど)
ちなみに、テレビとかで流れている曲も間違いがよくあったりするので(スタイルうんぬん以前の)売れるか売れないかということと
優れているかそうでないかってことは関係ないんですがね。
でも、やっぱりちゃんとクラシック畑を出ている人の作品には決してそんなことないですからね。
(有名どころだと坂本さんとか池辺さんとかですね)

69 :shoplifter:2000/05/17(水) 22:35
池辺晋一郎のはクソだと思う。理論的にどうかはしらんが。

70 :68:2000/05/17(水) 22:41
好き嫌いをいったら僕だって好きじゃないけど、自分よりはテクニックあるから。
それは認めてるよ。

71 :名無しさん:2000/05/18(木) 01:15
http://www.interq.or.jp/osaka/inside/
35のデタラメクラシックのキチ貝さん、CDデビューと高らかに吠えていましたが
やはりこの有様です。騙されていたのでしょう。


72 :名無しさん:2000/05/18(木) 01:29
なんだか泣けてくるな。

73 :りんちゃん♪:2000/05/18(木) 01:56
ぶひ。
おれは池辺好き。ただし劇伴のみ(爆)

理論って、コトバでいえば文法みたいなものなんだと思うんだな。
ネイテイヴが自分たちの言語を喋るときに、んなもん意識するわけねえ。

もっとも問題は、<音楽>がわれわれにとって母国語足り得るかって
ことだろうけどな。


74 :合掌…:2000/05/18(木) 02:15
>理論って、コトバでいえば文法みたいなものなんだと思うんだな。
ネイテイヴが自分たちの言語を喋るときに、んなもん意識するわけねえ。

 あ、それ僕も感じる!
 ただ、やっぱり「正しい言葉使い」は知っておかないと、とも思います。
 もちろん、使えたからといっていい詩や物語が書けるかというのは別問題ですよね。

>もっとも問題は、<音楽>がわれわれにとって母国語足り得るかって ことだろうけどな。

 日本人の母国語としての<音楽>はありますよ。
 ただ、学校でそれを教えない。なんでだろう。

>71

 なんかそもそもこの会社自体うさんくさすぎですよね。
 倒産にしては危機感なさすぎ。
 

75 :名無しさん:2000/05/18(木) 04:33
>理論って、コトバでいえば文法みたいなものなんだと思うんだな。

いまさらあらためて言わなくてもみんな知ってる使ってる。


76 :>37:2000/05/18(木) 06:08
ちょっと昔のカキコへのレスだけど
>篠田氏の「新実践コードワーク」は名著なのか、俺の周囲にも買った奴はたくさんいる。
でもみんなちょっと読んだだけで挫折している。
ある程度基礎知識のあるキーボーディスト向けの本だね。
いきなりゼロから学ぼうとするには難しいと思う。
俺は雑誌の連載で読んでいたけど、ためになるのも結構あった。
でもあの譜例なんかは丸飲みにしないほうがいい。
書かれた時期が結構前だし、ちょっとセンスが古い。
(80年代風、ということで、悪いという意味ではない)
でもその古さがまた、いわゆるプロっぽい音作りの秘訣だったりする。

俺、昔ちょっとだけ彼の事務所にいた事あるけど、同僚から聞いた話
じゃ(直接みた訳じゃないけど)昔の理論書(自分のか?)
のほぼ丸写しだって聞いたよ?古すぎるのも当たり前。

そばで見てたけど彼はプロっぽい音作りなんて出来ないと思う。
何しろレコーディングでサウンドキャンバス(55mk-2)のエレピをまんま
使うぐらいだから。

>でもその古さがまた、いわゆるプロっぽい音作りの秘訣だったりする。

深読みし過ぎだよ。原盤作って食ってる人じゃないし。
まぁ、なんだかんだ言って金持ってるのは先達として尊敬するけどね。
とフォローいれとく。

77 :名無しさん:2000/05/18(木) 07:54
なんか趣旨変わってきてない?
理論書紹介スレッドでしょう?

78 :っていうか:2000/05/18(木) 09:23
篠田の本だけで満足できるヤツはいない。研究しているヤツだったらどんどん他のも読んでいる。
あんなものは初心者向け。これじゃ足りないと意識できる人間だけが伸びる。

79 :>76:2000/05/18(木) 09:57
賛否両論あるのは分かってるけど、それはちょっと言い過ぎ。とても失礼だと思ふ。いろいろ言われているけど実績を残した人だからね。
ジャズ理論に関しては「実践ジャズ理論講座」がおすすめ。でも廃盤になっているらしい。他に「ジャズスタディー」しかないのよ、ジャズ理論書は。たぶんね・・・。篠田さんのはこのあたりをかなり参考にしている。

80 :名無しさん:2000/05/19(金) 02:09
>79
リディアンクロマティック〜、ブルーノートと調性、コンプリートアレンジャー、コンテンポラリーアレンジャーとかはいれちゃだめ?

81 :名無しさん:2000/05/19(金) 06:57
>79
コンプリートアレンジャー、コンテンポラリーアレンジャー、リディアンクロマティック〜、ブルーノートと調性とかあったような

82 :うにょ:2000/05/19(金) 07:12
作曲家別に分析してあるような理論書ってないんでしょうか?

83 :名無しさん:2000/05/20(土) 02:53
35復活してるよ

84 :名無しさん:2000/05/20(土) 02:58
いくら勉強してもクソみたいな曲しか作れないやつもいる。とくに78。

85 :名無しさん:2000/05/20(土) 05:37
何で知ってるの?
良いこと言っているんではないかなぁ・・・

# 山の中腹から見た景色も良いけどね

86 :名無しさん:2000/05/22(月) 20:41
ハァ?

87 :名無しさん:2000/05/22(月) 22:06
すいません、ちょっと混乱してしまったので質問させてください。
「リディアン・クロマチック・コンセプト」という本があるのですか?
それともそういう分類の何かがあるのでしょうか?
あほう者で申し訳ありません m(__)m

88 :カールおじさんありがとう:2000/05/22(月) 22:28
ジョージ君の考えた理論と言うことらしい。洋書?

89 :カールおじさんありがとう:2000/05/22(月) 22:40
最近和訳が出たらしい。ATN(未確認)

90 :カールおじさんありがとう:2000/05/22(月) 22:44
こんなページもあった www2.raidway.ne.jp/~ish/

91 :名無しさん:2000/05/23(火) 03:37
和訳でてる。読んでみたが研究のための研究みたいな部分が多い。
さらにこれだけやってもリーブマン等の分析は不可能

92 :名無しさん:2000/05/24(水) 01:00
.

93 :87:2000/05/24(水) 02:09
コメントありがとうございます。
ジョージ君の考えた理論と、それが記されている本のタイトル
って感じでしょうか。
せっかくだから、ちょっとずつでも音楽理論とか勉強してみようと思っているのですが
私のような初心者にはもったいなさそうですね。


94 :名無しさん:2000/05/26(金) 07:10
>93どんな偉大な作曲家も最初は初心者です
向上心をもってがんばってください

95 :名無しさん:2000/05/27(土) 06:46


96 :名無しさん:2000/05/29(月) 07:05
>91 何かおすすめは?

97 :名無しさん:2000/05/30(火) 03:29
 

98 :名無しさん:2000/05/31(水) 07:11
知らないから自分で探してね

99 :名無しさん:2000/05/31(水) 07:37
そうだーおれのしらないこときくんじゃねえよ

100 :名無しさん:2000/06/01(木) 03:08
知らないこときかれると不愉快だよね みんな目をそらそう

101 :名無しさん:2000/06/02(金) 02:38
 

102 :名無しさん:2000/06/03(土) 01:10
age

103 :名無しさん:2000/06/05(月) 02:52
 

104 :名無しさん:2000/06/06(火) 04:06
 

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)