5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マイクロロンの弊害を教えてください。

1 :使用しました。:2000/06/17(土) 14:16
マイクロロンの弊害が一部で噂されているようですが、具体的に
説明できる人いませんか?


2 :名無しさん:2000/06/17(土) 14:18
日本の景気回復が遅れる。
マイクロロンはアメリカ製。

3 :使用しました。:2000/06/17(土) 14:22
↑そうじゃなくて、エンジンに悪いって聞いたんですけど。

4 :名無しさん:2000/06/17(土) 14:24
>1
過去ログメニューで探してくれ。
結構スレ立ってたよ。

5 :名無しさん:2000/06/17(土) 21:11
>4 だからどこが悪いの?

6 :>1:2000/06/17(土) 22:03
過去ログを読みなさいと言うこと。
分からないか?

7 :>6:2000/06/18(日) 14:28
>

8 :名無しさん:2000/06/18(日) 20:38
>6
過去ログ消えちゃったみたいだね。
俺も興味あるんだけどな。
過去ログあったらリンク張ってくれ。

9 :名無しさん:2000/06/18(日) 20:55
過去ログ無いね?

こういう人もいるよ。
http://www.bl.mmtr.or.jp/~candge/index.html/ymym5.htm

10 :名無しさん:2000/06/18(日) 21:33
結論、マイクロロンにかけるお金でこまめにオイルを換えるか
もっと良いオイルを入れるべし。
弊害なんか考えるよりよっぽどこちらのほうが利口!

11 :名無しさん:2000/06/19(月) 08:18
マイクロロンのお金程度でこまめにオイル変えられるか?
定期的なオイル交換は当然で、マイクロロン使用時の弊害を知りたいぞ。

12 :名無しさん:2000/06/19(月) 08:24
使い方しだいだな

13 :名無しさん:2000/06/19(月) 13:38
>1
判った! マイクロロンの悪口言う奴らを訴える気だろ。

14 :名無しさん:2000/06/19(月) 15:03
マイクロロン より タス2000の方が いいぞ!!
オイルにシビアになるならば 油圧、油温計をつけて 安いオイルでも
油圧、油温を管理した方が いいぞ!!


15 :名無しさん:2000/06/19(月) 15:47
http://www.asahi-net.or.jp/~VS6N-MRYM/zatu/mic.html

結構笑えるやりとりです。

16 :これこれ〜!>15:2000/06/19(月) 16:09
この文章探してたんだよ!以前見かけたんだけどURL忘れちゃって。
これ読めばテフロンを内燃機関の内部潤滑に使おうって間抜けが
減るだろう。

サンキューでした>15

17 :名無しさん:2000/06/19(月) 16:40
フェラーリに使っているが、全然問題ないぞ。
これでトラブルが発生したというなら、その証拠を示してもらわ
ないと。「たぶんマイクロロンのせいだ」というのはダメ。
壊れたらOHするだけの事だけど。

18 :>15:2000/06/19(月) 17:08
> 市場にはテフロンやTFE及びPTFE等のフッ素樹脂を素材とした数多く
> の類似品がありますが、 それらはいずれもマイクロロンとは全く別
> のものです。

↑はマイクロロンのHPからなのだす。
マイクロロン反対派はテフロンが前提条件で反論しているのだすが、
本当にテフロン使ってるのだすか?
HP上でウソを言ってるとも思えないのだすが・・・


19 :>18:2000/06/19(月) 18:13
自分はたまたまブックマークしていたURLをカキコしただけ
なので、それ以上はチョット・・・。(汗
面白いやり取りとして紹介しただけですので、これだけで肯定
否定の材料にはならないと思っています。
ただ、自分もマイクロロンのオフィシャルサイトを見て気に
なったのが公的機関(フランス軍など)による認定がすべて
1980年より前であるという事・・・。
テフロンを商標登録しているデュポン社は1980年2月に
自社のテフロンが内燃機関の潤滑剤に適さない事を表明して
います。
テフロンとは即ちPTFE(フッ素化合物)と云っていいでしょう。
現在のマイクロロンの広告では「マイクロロン樹脂」なる呼称を
用いていますが、過去の広告においてPTFE(及びそれに類する
化合物)の呼称を用いていたような記憶(全くあやふやでは
ありますが・・・)もあります。
この辺は自動車図書館等で過去(少なくとも十数年は溯って)の
自動車雑誌におけるマイクロロンの広告及び記事を参照したほうが
良いかもしれません。

20 :名無しさん:2000/06/19(月) 18:47
マイクロロンに関する疑問。

テフロンはオイル添加剤に向かないというが、マイクロロンには
テフロンが入っているのか?

「○○軍認定」と言う宣伝文句は疑問。
軍事用エンジンに使用して本当に効果があるならば、
それは軍事機密になるのでは?

21 :名無しさん:2000/06/19(月) 18:58
>20
「テフロン」って云うのはデュポン社の登録商標なんですが、当の
デュポンがテフロンの有効性を認めず添加剤としての出荷はして
いないそうです。
なので、そう言った意味では「テフロン」は入っていないと思います。
#ダミー会社を通じて「テフロン」を入手している可能性は否定
#出来ませんが・・・。


22 :名無しさん:2000/06/19(月) 20:47
テフロンが入っていないとなると、反対派の意見は根底から覆されちゃうような
気もしますね。
もしテフロンが入っているとしたら、マイクロロンの営業は詐欺だと思うし。


23 :名無しさん:2000/06/19(月) 21:00
マイクロロン樹脂って何だ?
昔は確かにテフロン使用って言ってたぞ。

24 :>22:2000/06/19(月) 21:13
今でもテフロン又はテフロンと同じ物質が使われているようです。
しかしテフロンという名称はデュポンの商標であり、それを
使うことが出来ません。またデュポンは内燃機関の内部潤滑
用途でテフロンを出荷しないと明言しています。
だからエンジンオイルの添加剤にテフロンもしくは類似品を
使用していると絶対に表記できないわけです。
以前は22さんのご指摘通りテフロン添加を目玉にしていました。
今でも使っているのは同じ物質、呼び方が変わっただけです。

25 :24訂正:2000/06/19(月) 21:14
以前は22さんのご指摘通り

以前は23さんのご指摘通り


26 :名無しさん:2000/06/19(月) 21:32
PTFEじゃなかったけ?


27 :名無しさん:2000/06/19(月) 22:24
軍では、銃器用に使うのはOKだが内燃機に使うのは
禁止したんじゃなかったっけ?

28 :>24:2000/06/20(火) 09:41
でもテフロンとは違うって言い切ってるじゃん。

29 :名無しさん:2000/06/20(火) 10:49
>28
名称はね。違うと言わないと売れなくなります。

30 :名無しさん:2000/06/20(火) 11:29
その通り、商標権の問題です。

31 :名無しさん:2000/06/20(火) 11:35
>28
それに当のデュポンが20年も前にテフロンは内燃機関の
潤滑剤に不適って表明しちゃってるしねぇ。

32 :28:2000/06/20(火) 11:39
じゃあ結局テフロン使ってるの?
いくら名前変えたって、やっぱりそれって詐欺だと思うんだけどなあ・・

33 :>32:2000/06/20(火) 11:53
http://www.asahi-net.or.jp/~VS6N-MRYM/zatu/mic.html
↑15がくれたこのリンク先読んだ?
法的には詐欺じゃないでしょ、摩擦が減る事自体は嘘ではないし。
仮に同じ物質だとしても呼び方が違えば商品としては違う物。

34 :名無しさん:2000/06/20(火) 12:08
で、マイクロロンでエンジン壊したひとはいるの?

35 :名無しさん:2000/06/20(火) 12:35
効果も無ければ壊れるほどの弊害も無し。
当然使用法を間違えれば壊れます。

36 :>34:2000/06/20(火) 12:46
所詮は固体だから、オイルパン隅にスラッジ状に溜まっているのを
目撃したことはある。あれが粘液状のままオイルに乗って循環したら
オイルラインのつまりの原因になり得ると思った。取説にもよく
振って使えと書いてあるくらいだ。しかし実際にそれが原因で壊れた
という確実な話は聞いたことがない。

それでもヘドロ状に溜まっているところを見れば、二度と入れたく
なくなると思うよ。


37 :15です:2000/06/20(火) 13:00
確か他のスレで出てたURLなんですが、こんなのもありまっせ〜。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/macchann/hiroshi/f4c2.html
http://www.mercedesbenz-net.com/trouble/tenkazai/index.html

38 :名無しさん:2000/06/20(火) 13:31
>15
マイクロロンが原因で壊れたという証拠がないですね。



39 :>38:2000/06/20(火) 14:02
マイクロロン擁護派の人は何を根拠にその性能を信じているの?
反対派の人は摩擦が減ること自体は否定せず、ただ内燃機関の
内部潤滑剤としては、かくかくしかじかの理由で不適であると
しているよね。具体的な根拠の示されたURL等を挙げて。

擁護派からは一切そういうのないでしょ。妄信的に入り込で
しまっているように見えるんだけど。

40 :>38:2000/06/20(火) 14:23
壊れたって云うか内燃機における潤滑剤として適しているかの
ハナシが出ているサイトなので確かにそういう証拠は出てない
ですね。

ま、最期にこんなのも・・・。
http://www.asahi-net.or.jp/~VS6N-MRYM/zatu/mic2.html
ちなみにブックマークしてたのがたまたま批判派のサイトだった
だけなんであしからず・・・。

ただ、一つ思うのは「そんなに優れた効果が有るなら新車組立時に
入れる各種オイルにマイクロロン入れときゃ済むのに、『全ての』
自動車メーカーがそれをしない理由とは?」って・・・。
#これは各種省燃費グッズにも言えますが・・・。


41 :名無しさん:2000/06/20(火) 14:30
でも、反対派のテフロン害悪論も今一つハッキリしていない。
反対意見の多くは、テフロン製造元のデュポンが、エンジン
オイルへの添加効果を認めていない、というが本当に
マイクロロンにはテフロンが入っているのか?
テフロンは商標だからテフロン含有を謳っていないのは
当然である、と言う主張もあるが、マイクロロン樹脂が
テフロン(もしくはその誘導体)であると言う証拠も
示されていない。

42 :名無しさん:2000/06/20(火) 14:58
どっかの大学でマイクロロンを試しに分析したら
フッ素化合物だったらしいよ。

43 :>42:2000/06/20(火) 15:08
フッ素系樹脂か。じゃ、やっぱりテフロンだね。

44 :名無しさん:2000/06/20(火) 15:15
だから〜「どこかの誰かが」調べて、
その結果「〜らしい」ってのはダメ。
きちんとした証拠を出さなきゃ。

45 :名無しさん:2000/06/20(火) 15:23
そうそう、「この部分がマイクロロンを使用した事によってこの
ようになり、焼き付きが起きた」「使用前と使用後ではこのような
違いがある」みたいなものが欲しいね。

46 :名無しさん:2000/06/20(火) 15:27
2chを見ている暇な大学生さん
調べてレポート出してくれませんか?

47 :名無しさん:2000/06/20(火) 15:28
>45
難しいですね。
マイクロロンを使用・未使用のエンジンを比較することになると
思いますが、エンジン自体のアタリ・ハズレも無視できないし、
ましてや全く同じ使用状況でエンジンを使うことも、メーカーでの
実験でもない限り無理でしょう。

48 :名無しさん:2000/06/20(火) 15:31
うーむー、昔の議論の方が高等だな。あー過去スレよみたい。

49 :>45:2000/06/20(火) 15:36
それは擁護派にも言えるんじゃない?、
「この部分がマイクロロンを使用した事によってこのようになり、
性能が上がった」「使用前と使用後ではこのような違いがある」
という客観的根拠を示せないでしょ。お互いに具体例は挙げられ
ない、その点ではどっちもどっちなわけ。

で、反対派は少なくともテフロンという物質そのものの特性や
エンジンオイル添加に不適だとする根拠を挙げているわけで、
それならオイル添加に適切だという根拠を示してご覧なさいよ。


50 :49追加:2000/06/20(火) 15:40
マイクロロンやテフロン(フッ素化合物)系オイル添加剤を
客観的根拠から肯定するHPのURLでもよし。

回りが軽くなったとか、音が静かになったとか、主観的なものは
NG。そんなのはオイル粘度を変えれば実現できるからね。
添加剤としての優れた特性とは思えない。

51 :名無しさん:2000/06/20(火) 15:40
マイクロロンが原因で逝っちゃったって自信持って言える
ひといませんかー。

52 :名無しさん:2000/06/20(火) 15:48
中立派ですけど、もしマイクロロンが悪影響を与えるもの
だとしたら大問題ですよね。ディーラーなんかでも扱って
いるわけですし、とにかく納得がいく答えが欲しいです。

53 :>44:2000/06/20(火) 15:50
マイクロロンに使われている「マイクロロン樹脂」なるものが
フッ素樹脂を有効成分としている事は発売元の協和興材の資料にも
出ています。
ただ、その資料によると独自の特殊加工(これが議論を生む原因
では?)により金属表面に定着するので、テフロンやPTFEと
区別して「マイクロロン樹脂」というメーカー独自の呼称を使って
いるようです。


54 :>53:2000/06/20(火) 15:53
つまり呼称だけの問題で「マイクロロン樹脂」=「テフロン」
と考えてよいという事でしょ。

55 :>52:2000/06/20(火) 15:55
反対派だけど、マイクロロンが悪影響を与えるという可能性は指摘
できるけど、客観的事実として具体例は挙げてないよ。あくまでも
グレーゾーン。
仮に悪影響がないにしても、恩恵もない、というのが反対派の主な
主張。


56 :名無しさん:2000/06/20(火) 17:15
マイクロロン入れたエンジンバラシた事有るけど、クランクのオイル穴の端っこ
にたんまりたまってたなー。
ほとんどエンジンはそこの場所(大端とジャーナルにオイル穴を貫通させた後に
メクラ打って有るところ)ゴミが溜まってるけど、そこがマイクロロンでいっぱ
いだとゴミが溜まらずにメタルとクランクの間に回っちゃうって事だな。

効果有りと思って入れた人には利くし、疑ってる人には効果ナシだな。添加剤は!
病は気からって感じでしょ。

57 :名無しさん:2000/06/20(火) 17:22
>56
その溜まっていたモノはマイクロロンの成分だったと
確認できたのでしょうか?

58 :>57を始めとする擁護派、肯定派:2000/06/20(火) 17:35
どうして擁護派、肯定派は否定派に否定の根拠を求めるだけで、
自分から肯定の根拠を示さないの?

59 :名無しさん:2000/06/20(火) 17:43
これといって弊害はないよ。とりたてて効果もないと思うけど。
ただレースエンジンで組み立て前の部品を全部マイクロロンに浸して
保管しているエンジン屋は知ってるよ。
そこのエンジン(N1)は確かに速いけどマイクロロンとは直接
関係無いとおもうな。

60 :>59:2000/06/20(火) 17:49
それは何も意味がないね。普通のオイルに浸してるのと同じ。
製造元でさえ沈殿すると言ってるし、循環するオイルに添加
してこそ意味がある添加剤でしょ。なんせ「固体」なんだから。

61 :>59:2000/06/20(火) 18:01
マイクロロンのスポンサーを受けてるチームから持ち込まれて
シブシブ使ってるだけだったりして。(ワラ
マイクロロンのHPにレーシングチームをサポートってあったけど
お金を出してステッカーを貼ってるだけで、エンジンに使われている
かは解らないですよねぇ。
それにオイルメーカーがスポンサーになって製品供給も受けてる
場合、「そんな訳の解らないもの入れなくてもウチのオイルは
大丈夫です!」って文句云われるんじゃないのかなぁ?

62 :>60:2000/06/20(火) 18:46
パーツを浸すのは効果あります。
しっかり脱脂したあと熱をくわえて塗ることができれば一番いいんですけどね。
定着度はかなり違いますよ。

63 :名無しさん:2000/06/20(火) 19:05
添加剤は漢方薬みたいなもんでしょ。

64 :名無しさん:2000/06/20(火) 19:08
気持ちの持ちようでしょう、俺はメリットは無いという意見に30000ペリカ

65 :名無しさん:2000/06/20(火) 20:10
>57
>その溜まっていたモノはマイクロロンの成分だったと
>確認できたのでしょうか?

色が白っぽかったからマイクロロンでしょ。
他にエンジンの中に白っぽいも乗って無いから。
溜まってるゴミは黒、もしくはこげ茶色の物だから。



66 :名無しさん:2000/06/20(火) 20:38
>65
あったあった
焼きついた車が入ってきて、オイルパン外したら、あった。

67 :名無しさん:2000/06/20(火) 20:56
マイクロロンて透明の液体だったような・・・・。
これがエンジンオイルに混ざると白い沈殿物を発生させるので
しょうか?

68 :>62:2000/06/20(火) 20:57
>しっかり脱脂したあと...

何故に脱脂する?「オイル」に添加して使う物だろ、マイクロロンって。
それからフッ素系樹脂は加える熱の度合いによっては焦げちまうぞ。
テフロン加工のフライパンを空だきしてみろ。

知ったようなこと書いてるけど、ホントにテフロンの特性知ってる?
浸すだけでは決して定着しないぞ。



69 :>67:2000/06/20(火) 20:59
マイクロロンが透明の液体?...。

じゃあ俺の勘違いかなあ、オイルみたいな色だったように
記憶してるんだけど...。

70 :名無しさん:2000/06/20(火) 21:13
マイクロロンに関しては、エンジン内部、より他のギヤ関係にはレースでも使うよ。

エンジンオイルばかりではないからね。ただし、使い所はちょっとちがうけど。

市販のものは、あの程度。他のものでも代用できるぐらいの性能。

レースではオイルにはモリブデン系、カーボン系が混合して使われることが多い。

市販のもののように長期の効果はないと思うし、レースのようにその場限り
ってのには効果あるから、それでつかっているんなじゃないかな。

一般使用には向かないとは思うけどね。
オイル交換が1万キロでしょ。ふつうの人の場合。いや、もっと
わるいかも。そんなのには入れ替えのほうがいいとおもうけどな。

定着云々よりも、オイルの特性を変えずに粘度をぎりぎりまで
下げるのに使うものだと思う。限界はあるけど。

市販のものはまあ、プラシーボ。使えば良いんじゃないの?人の財布だし。俺の車じゃないし。

71 :>68:2000/06/20(火) 21:42
つーかマイクロロンとテフロンは違います。


72 :名無しさん:2000/06/20(火) 21:42
白いとか、オイルみたいな色だとか言ってる奴はマイクロフロンとマイクロロンを
混同してんだろうな。


73 :名無しさん:2000/06/20(火) 21:51
マイクロフロンて白い粉末をオイルに混入させるものですよね?
○ートメカニックとかに載ってる。
マイクロロンは透明?な液体ですよね?
65,66はマイクロフロンなのですか?
となると、白い沈殿物が発生したケースはマイクロロンではなく
マイクロフロンだった可能性があると・・・・。

74 :名無しさん:2000/06/20(火) 21:57
>71
じゃ何? マクロロン樹脂とか言うなよ。

75 :名無しさん:2000/06/20(火) 21:59
つーかエンジン内部に「異物」を入れちゃだめでしょ。

76 :名無しさん:2000/06/20(火) 22:05
>73
マイクロフロンは間違いなく白い粉末を添加するものだ。
マイクロロンは透明な液体で、溶剤の匂いがキツいな。
テフロンを使うとかは一言も書かれてない。金属表面改善剤だった筈。

マイクロロンとマイクロフロンを一緒にする奴はドキュンだな。


77 :名無しさん:2000/06/20(火) 22:11
オレはミリテック派だな。

78 :名無しさん:2000/06/20(火) 22:18
「焼き付いたエンジンをOHしてみたら、白い沈殿物があった」
というケースはマイクロフロンの可能性が高いですね。
どうもマイクロロンと他の添加剤が混同されてる場合がある
ようですね。

79 :名無しさん:2000/06/21(水) 00:33
似たようなモノにフロンティアってのもありますね。
これはどうなんでしょ?

80 :中立派の一人:2000/06/21(水) 00:40
前にも同じカキコがあったけど、どうして肯定派の人は
メーカーの能書き以外に何も根拠を示さないんですか?
否定派の人達はあっちこっちから集めてくるのに...
パッケージに書いてあるメーカーの能書きを盲信してる
って事でしょうか?

81 :隣の猫:2000/06/21(水) 01:02
 マイクロフロンは乳鉢でこしこしこしこしこしこしこしこしこし
こしこしこしこしこしこしっとすりまくって使うやつですね。
 あの「こしこしっ」作業がなければ使ってみたいナーって思うの
ですが・・・。
 やっぱり苦労しないといい結果は得られないのですねん・・(T.T)

82 :名無しさん:2000/06/21(水) 01:20
マイクロロン入れてたんだけど、エンジン逝った。
具体的には2番のビッグエンドメタル*だけ*がすべて
消し飛んだ。
他の気筒のメタルは全然へーき。
その時は、たまたま異物を噛んだか、メタルがもともと
不良だったか組み付けがおかしかったか、ぐらいにしか
考えなかったけど、56のスレ読んでちょっとむむ、と
思ったよ。
ま、高い金出して効くかどうか立証もされて無いものを
入れるぐらいなら旧来の「その金でオイル&フィルター交換」の
ほうがリスクは小さいわな。

83 :名無しさん:2000/06/21(水) 01:25
マイクロロンはただのテフロンと塩素の混ざった液体。


84 :56:2000/06/21(水) 01:35
知ったかしちゃいましたー

85 :各無しさん:2000/06/21(水) 02:26
テフロン配合のエンジンオイル添加剤一覧にマイクロロンがあったぞ。
他にはスリック50とかもあったな...。
それとマイクロロン信者はことごとく80みたいなカキコは徹底して
無視するねえ...。

86 :名無しさん:2000/06/21(水) 06:51
だって反論できないもん。


87 :名無しさん:2000/06/21(水) 10:55
ホントは82のような目に遭った人が、消費者センターとかに調査を
依頼してきちんと公的機関で検証するのがイチバン良いんでしょう
けどねぇ・・・。
発売元も古いデータだけじゃなく、工業試験所とかに効果を検証
してもらって最新のデータを提供すべきなんでしょうけど、やら
ないだけなのか出来ないのか・・・?


88 :名無しさん:2000/06/21(水) 11:34
由良拓也に聞けばいいよ

89 :さんポール@添加剤素人:2000/06/21(水) 11:40
私は基本的には添加剤は使いませんが、このスレの中には添加剤好きの方も
いますよね?
マイクロロンの優劣は置いといて、グラファイト系はどうなんでしょ?
http://www.kagaku.com/matsubo/4k.html
上記のURLの所でC60がg/17400円で買えるみたいですし、試したい人はいませんか?
#なんでC60?、なんかコロコロして抵抗少なそうじゃないですか???
#ここまで小さいとまったく無意味???う〜ん、潤滑って難しい、、、。

90 :効果を感じられるから肯定派:2000/06/21(水) 11:41
マイクロロンが技術を公開しないかぎり、技術的に肯定できないんだよね。
でも反対派のテフロン悪は理解できます。
問題はテフロンを使ってるか使ってないかだと思うんですよ。
マイクロロンはテフロンを使ってないって言ってるんだから、
使ってないんじゃないかと思います。
もし使ってたら、テフロン未使用を謳ってること自体は
違法にならないの?

91 :名無しさん:2000/06/21(水) 12:06
フッ素樹脂の種類 (某科学機器カタログの材質一覧より)
PTFE 四フッ化エチレン樹脂 「テフロンR」など
ETFE 四フッ化エチレン・エチレン共重合樹脂「アフロンR」「テフゼルR」など
FEP  四フッ化エチレン・六フッ化プロピレン共重合樹脂
PFA  四フッ化エチレン・パーフルオロアルキルビニルエーテル共重合樹脂
PCTFE 三フッ化塩化エチレン樹脂「ダイフロンR」など
PVDF ポリフッ化ビニリデン樹脂
(「R」は商標の記号)

マイクロロンが「テフロン」は未使用だと言ってても
他のフッ素樹脂を使ってるって事はないのでしょうか?

92 :名無しさん:2000/06/21(水) 12:18
だかーら、効くと思う奴は使え。
効かんと思う奴はつかわんとけ。

自分の意見を他人に推しつけんな。
自己責任だろ?
好きにさせてやれ。おれは普通車にはつかわんがな。

93 :名無しさん:2000/06/21(水) 13:28
>91
53で書込みしたんですがフッ素樹脂であることは発売元も
表明しています。
http://home4.highway.ne.jp/KL-650/microlon1.html

自分も使う使わないは個人の自由と思ってたんですが、マイクロ
ロンの温度上限が260度ってのが気になりました。
燃焼行程でのシリンダ内の温度ってそんな「低温」でない事は
容易に想像出来ると思います。
たしかフッ素コーティングって高温で燃焼させると有害ガスが
出るので(テフロンコートのフライパンの注意書きにもそんな
のが有ったような・・・)もしマイクロロン(と云うかフッ素樹脂系
添加剤)を使う事でCO・HC・NOx以外にも有害物質を排出するような
ことがあるならば、個人の好き好きで済むハナシでは無くなると思い
ます。
83の書込みに塩素って有りましたがもし本当ならダイオキシンの
発生も有り得ますね・・・。

94 :名無しさん:2000/06/21(水) 13:42
がまの油と同じです。だから日本では売れるのです。

95 :>92:2000/06/21(水) 13:49
書かんでいいことを、書かんでええ。

96 :>94:2000/06/21(水) 13:57
どっちも筑波近辺に信者が多いんですかねぇ?(藁
それにしても「がまの油」なんて最近の若いモンにゃ
何の事やら解らないんでないかな?(爆

97 :名無しさん:2000/06/21(水) 14:15
こんな、効果があるのか無いのかが不明確で
うだうだ論争をしてしまう程度の添加剤なんぞ
高い金払ってリスクを背負ってまで使う必要なし


98 :名無しさん:2000/06/21(水) 15:26
マイクロロン使用前、使用後で最高速とかゼロヨンとかテストした人いませんか?


99 :>98:2000/06/21(水) 15:33
100近くレスついてて客観的なデータが出てこないんだもん。
そりゃ誰もいないって事だよ。
せいぜい「良く回る」とか「音が静か」とか気のせいレベルの
話だけだって。

100 :100?:2000/06/21(水) 15:36
俺、100?

101 :91:2000/06/21(水) 15:39
>93
どうも。

「テフロンとは区別している”マイクロロン樹脂”」
なのですね。
でも、使用温度260度までってのは、
http://www.md-fluoro.co.jp/teflon/teflon.htm
http://www.dupont.com/teflon/coatings/p_m_guide.html
で書かれているテフロンの使用温度と同じですね。

ところで、エンジンのシリンダー内部の温度ってどの位なんでしょうか?


102 :名無しさん:2000/06/21(水) 15:57
>88
そういや帽子かぶってたな

103 :名無しさん:2000/06/21(水) 19:30
マイクXXンはテフロン樹脂と同一、ただテフロンを開発したデュポン社が
車に使うにはリスクが大きすぎるで、供給を止めたからテフロンとは呼ばさない
ようにしてる。0W-40のOILといっしょに使用すれば効果的。ただ、走行後はエンジン
ばらして洗浄しましょう。入れたままだと焼きつくよ。

104 :>101:2000/06/21(水) 19:30
ガソリンエンジンの場合で燃焼ガスの温度は2000度以上って
いわれてたと思います。
シリンダ内壁の温度は流石にそこまでは行かないにせよ、マイク
ロロンの云う温度上限:260度は優に超えているんじゃない
でしょうか?
マイクロロンを入れてもオイルの量は変わらないって云うけど
それって燃えて無くなっちゃうとか?(謎


105 :名無しさん:2000/06/21(水) 19:42
>104
>マイクロロンを入れてもオイルの量は変わらないって云うけど

マイクロロンの液体は灯油のような匂いのする溶剤に溶かされている
のですが、その溶剤がエンジンの熱で蒸発し、マイクロロン成分のみが
エンジン内に残るために、エンジンオイルの量は変わらない、と
説明されています。

106 :名無しさん:2000/06/21(水) 19:44
>ガソリンエンジンの場合で燃焼ガスの温度は2000度以上って
>いわれてたと思います。
そんな温度じゃエンジンごと溶けちまうだろ。この阿呆!

107 :名無しさん:2000/06/21(水) 20:30
燃焼ガスはたしかにそのぐらいになる。がそのままシリンダに伝わるわけじゃない。
圧縮点火時は園ぐらいの温度だが、すぐに膨張するから、膨張拡散によって温度は
急激には下がる。
シリンダ内部程度の温度なんて200度程度のモンよ。
これ冷却されている場合で、そうだが。鉄がまっかっかに発光するぐらいの温度は
800度ぐらいだが、ターボタービンならいざ知らず、しっかり冷却されている
ブロック単体はせいぜい300度はいかねえんじゃねえの?

タバコ押しつけても火がつかんのだから。>シリンダー
まっかっかのタービンとか、其の辺は知らないけど。
理論武装バカはじっさいをしらんすぎなのな。
第一、ラジエーターが沸騰してしまう温度にはならんのだから<普通は
そこからモノ考えろ。<あれはグリコール溶液だ。沸点は150度も無いぞ

108 :キャップつき:2000/06/21(水) 20:43
オイルになんかいれてもそれがこげたりとけたりっていうのは稀だ。
だいたい、エンジン内部のオイルのとおり方ってしってるのか?
反対する奴も。ピストンの構造もしらんようなのが、燃えてカスが出る
とか、(おそらくそうだろう)ということでしかものを言えない。<それは賛成派もだろうが
オイルが燃焼室に入るとでも思っているんだろうか。
ゲンチャリでもばらしてみろ。
シリンダーとピストンの間がどういう状態なのか。
おれ的な見解だが、ピストンがあったまる前に負荷をかけてエンジンを酷使するような
バカが機械を使えばどんなものでも壊れるわ。(笑
反対派の人達もご苦労さんなことだとはおもうが。
熱い状態のエンジンがどういう状態で動いているのか、ちったあ勉強してから理論を
展開しろ それとも絶対反対に持ちこみたいだけなのか?そうなんだろうけどよ
何度も言うが、使いたい奴は使え。使いたくなければ使わなくて良い。
その程度のものだよ。
運転時の負荷より始動時のオイルギレはまずいとだけはいっておくぞ。

109 :知ったか>107=108:2000/06/21(水) 23:22
>オイルが燃焼室に入るとでも思っているんだろうか。

燃焼室内に入らなくても、その下のシリンダ面にはクロスハッチが
切ってあるだろ。あれはオイルを保持するための物。ピストンが降りて
来れば高温の燃焼ガスがそこに触れるわけだ。
実際には境界層が生じるから燃焼ガスが直接シリンダに触れることは
ないが、それでも数百度の高温にさらされることに間違いはない。
2ストやロータリーほど顕著ではないが、4ストレシプロも間違いなく
シリンダ内で微量のエンジンオイルを消費しながら動いてるんだぞ。

それからシリンダ内部の温度が200度程度と言ってる奴がいるが、
膨張後の排気の温度でも1000度弱はあるぞ。
排気温度計見ながらセッティングしたことある奴ならわかるよな。
加給エンジンの燃調取るときには絶対に1000度を超えないように。
普通は900度とか950度リミットで濃くしておくだらろ。


110 :名無しさん:2000/06/22(木) 01:12
>106
あのさぁ「燃焼ガス」って言ってるじゃん。
そこに気付かず引っ掛かったってことは煽りたいだけの
厨房ってことかな?
それと触媒の活性温度とかって解ってる?
排気温度計の付いたクルマに乗った事ある?
109にもあるけどノーマルエンジンでも過給式だと800度
ぐらいはいくんだよ。


111 :103:2000/06/22(木) 02:02
はいはい、その千度がいきなり鉄とかその他のところに伝わるわけねーだろ。
シリンダー内部にその温度がつたわるわけでもねーし、触媒作動温度も分かってるよ。
エンジンのシリンダーブロックがそんだけの温度になるわけねーだろ。
ほんまにこのごろのがきんちょはかたってくれるのう。

112 :>103:2000/06/22(木) 02:35
あなたの言ってること、俺にはわからないよ。

シリンダブロックがその温度にならなくとも、シリンダ内面は高温の
燃焼ガスにさらされるわけでしょ。しかもオイルはその表面にある。
オイルに高温に弱い物が含まれていたとしたら、問題あると思うん
だけどねえ。
確かに燃焼ガスが直接シリンダ面に触れることはほとんどないけど、
それはシリンダ面をオイルが守っているから、そしてメタル面ギリギリに
境界層(面)と呼ばれる気体の境目ができるから、でしょ。
やっぱりオイルの高温耐性って大切じゃない。そのオイルに熱に弱い
ものを混ぜるかなあ?


113 :名無しさん:2000/06/22(木) 05:16
もうひとつ大事なこと。これが分かれば趣旨は分かる。
103じゃないからね。
エンジンのピストンは>ヒストンリングによってオイルをかきとっています。
ピストンが下がるときには油類はホントにあるかどうかわからない量しか壁面に
のこっていません。以上。
また、いくら油と言ってもシリンダーブロック自体の壁面についているときに
その高温により、一瞬にして蒸発して気化冷却をしているので、熱が直接伝わる
ことはありません。
それよりも、たぶんに、そういう余分な知識があるにもかかわらず、そういう人は
高い確率でケチなので、質の悪い粗悪ガソリンを使用し、その中の残留物質について
考えることは余りありません。

軍用の車関係は、劣悪な粗悪ディーゼル燃料を使わねばならない機関がほとんどであり、
そのため、それらの不純物と、テフロン系の物質が結びついて何らかのトラブルの原因
になる事が予測されるため、そういうトラブルの無いように通達しているはずです。

環境が同じなわけであるはずが無く、燃料も違えば、いろいろ違う状態があるにも
関わらず、多数の人に使用されながらもトラブルのほうが少ないと考えるにつけ、
必ずしも悪影響などの発生率が高くないとは思いますよ。

使いたいひとは使えばいいと思うし、使いたくなければつかわなくてもすむものです。
ただし、ガソリン機関の場合、シリンダーにカスがたまるとかのトラブルは粗悪ガソリン
による原因のほうが圧倒的に多い、と言うことははっきりしています。
そこに沈んでしまうテフロンなどより、劣悪なガソリンの溶解添加剤のほうがより、
悪の根源であるとは思いますよ。
オイルはガソリンと一緒にシリンダーに噴射されることは無いのですから。(笑
(2STのぞく)

114 :名無しさん:2000/06/22(木) 05:30
追加で・・・・。
エンジン内部洗浄剤、などはガソリンタンクの中の不要な錆なども
とかしこんでしまい、そのままポンプで微小の粒をおくり、いんじぇくたーに
つまってしまい、結果的にエンジンが焼ける、というのをなんどかみています。
燃料は薄すぎても異常燃焼からオーバーヒートの可能性があるので
(これを潜熱冷却ができないという)
ガソリン噴射も気化冷却の一部なので、いんじぇくたーの誤動作、故障による
トラブルのばあい、こういうケミカル系が好きな人はオイル添加剤などの他に
ガソリン添加剤なども併用したりして、原因特定が難しい場合がほとんどであり
そういう意味ではガソリン添加剤のほうが、よりトラブルの危険性がある、との
認識を持たねば正しい判断などできるはずもありません。
まず、粗悪ガソリンを使わないこと。これにつきると思いますが。
しかしながらテフロン系はロータリーや2サイクルには使用しないでくださいと
の但し書きがあるのは、そういう危険性があるからでしょうけど。

わたしは使いますが、きやすめみたいなもので、人に勧めるほどのことでもないと
思っていますし、それほど違いがわかったとも思いません。
ただ、着実に燃費は伸びましたね。だいたい1キロから4キロは伸びました。
>タイヤ新品に換えてそれでした。

115 :>114:2000/06/22(木) 07:13
ロータリーや2サイクル、のくだりがよくわからないんですが。


116 :名無しさん:2000/06/22(木) 11:05
潤滑のほうほうがちがうんだよ

117 :>111(103):2000/06/22(木) 11:10
自分もXA使ってるんでここのスレ興味深く見てたんだけど
ちょっと気になったので111の方に質問です。
いきなり出てきて申し訳ありませんが・・・。
ハナシの流れを見てるとマイクロロンの上限温度が260度では
果たしてシリンダ内壁に定着した時、問題無いのかって趣旨で
話しの流れがあって2000度の件も104の人は「シリンダ内壁の
温度は流石にそこまでは行かないにせよ」って云ってましたね。
#あっ、2000度ってのはどこぞの大学のサイトで自分も見ました。
で、そこに話しを戻して111の方はガソリン・ディーゼルエンジン
のシリンダの内壁の温度とそこに定着した温度上限260度のマイ
クロロンについてどのような見解・見識をお持ちでいらっしゃるで
しょうか?

118 :専門家に訊いてみました!:2000/06/22(木) 12:00
知人が某石油メーカーの研究室におりまして、こういう論議が
あるんだよ、というメールを送ったら、こんな返事が来ました。
抜粋して転載します。

−−−−−−−−−− 中略 −−−−−−−−−−−
ところで、フッ素系化合物は温度の上がる所には使いませんよ。
せいぜい200〜250度程度までですね。テフロン加工の
フライパンも空だき一発でオシャカです。
−−−−−−−−−− 中略 −−−−−−−−−−−
もともとフッ素系樹脂は摩擦が非常に少なく、金属表面に定着
するとか吸着するとかいうことはありません。そんなことが
起きるとしたら、潤滑剤としての機能を全く果たさない事に
なってしまいます。可動部分の隙間に入り込んで、片方に
対しては定着、反対側に対しては潤滑、そんな器用なことが
出来るはずありません。
フライパン表面のテフロンは、他の樹脂に混ぜて張り付けて
あるだけです。接着剤にテフロン粉末を混ぜて塗ってある
様な物です。だから普通に使っていてもだんだん剥げてきま
すよ。
−−−−−−−−−− 中略 −−−−−−−−−−−
...おそらく悪影響はないのでしょうが、性質を知っている
人だったらエンジンオイルには使わないと思います。極圧は
ミッション等でも十分高いので、私だったら車全般に使用
しません。もっと圧の低い環境、家庭製品とか玩具などには
最適だと思います。
−−−−−−−−−− 中略 −−−−−−−−−−−
うちの会社でもずっと昔は研究していたそうですが、今の
常識では常温での摩擦軽減(ファンモーターの軸受け等)で
使用することもあるようですが、大きなトルクと熱が加わる
部分での使用はありえないですね。うちも含めて大手オイル
メーカーの製品にテフロン添加のエンジンオイルなんてない
です。全くナンセンスな議論だと思います。
−−−−−−−−−− おわり −−−−−−−−−−

どうでしょう?


119 :103:2000/06/22(木) 12:10
建前じゃないけど、定着すると思っているなら、使わなければいい。
定着して効果があるとおもえば使えばいい。
オイルの燃焼成分、というのも考えるのも良いだろう。
補足するわけではないけど、あたま冷やして考えてみたら原因特定
できないことは多すぎる。
シリンダ内壁の爆発時におけるオイルの燃焼って、どれほどあるのか。
あれ使って特に問題おきたことは無いけど、エンジンは普通の人は内部
を見る機会が少ないだろうけど、心配なら、なにも添加していない
そういうエンジンで使ってきて、どれほど汚れるか(内部が)みてみたら
いいとおもう。
たぶん、両方、使っているほうと使っていないほうで変らないと思う。
汚れ方に差がでるとは思えない。
ダイオキシン云々言う人がいたが、それは完全燃焼しなければどの物質でも
起こるしガソリン自体が燃焼を空気中酸素に頼っている段階で一定して
いない。
メーカーの回し者ではないし、燃焼と言うものをどう考えているのかしらないけど
俺は、肯定派ではない。ただ他の潤滑に有用なところもあるから使うという
だけのことだし、シリンダ内壁にそれらが残るとしてもごくごくミクロの世界の
ことであり、押し下げられたときにピストンリングによってほとんどのオイル分は
かきとられ、意味を成さないとは思う。
科学データのうらづけそのものより、実際にエンジンバラしてみれば分かる。
粗悪ガソリンのほうが影響はでかいと。
マイクロロンの潤滑性能向上については期待していない。
肯定派ではないからな。
また、燃焼においてはそのような微かにあるかどうか分からない物質よりも
燃焼物としてのガスの組成が大事だろう。
俺はなにも効果があると言っているわけではない。
あってもなくても一緒できやすめていどのものだろう、ということを言っているはずだが?

120 :117:2000/06/22(木) 12:22
>119
う〜む、やっぱり難しい世界ですね。(^^ゞ
7月に代替するんで今度はマイクロロン使わないで見ます。
実際のとこ入れて2週間もすると効果なんて解らなくなっちゃう
ので、疑問では有ったんですが・・・。
季節に合わせた粘度で化学合成のオイルを奢ってあげたほうが
良さそうですね。

121 :117(120):2000/06/22(木) 12:24
>119
あっ、書き忘れ(汗
レスありがとうございました

122 :103:2000/06/22(木) 12:24
肯定派ではないということを分かってもらえるとどういうことがいいたいのかわかるとおもうが。
理論武装など意味ないよ。この問題は。

つまり、友人が・・とかそういうはなしが多すぎるし、ドコかでみたようなコピペ
の文章の束を見るのは飽きた。
本人が出てこいとは思う。(笑
製油会社のにんげんそのものとか。
真実をはなしてやれ>オイルメーカーの(内部事情をよくしる)人間
どちらにしても、ひとつだけおもうのは専門家でそれの研究をしている
人間でもないものの主張の張り合いなど意味を成さないと思うし。
プラシーボ効果でしかないし、それが悪影響を及ぼすような効能自体が
無いものと考えているのだが、(つまりは効果がないってことだ)そこらへん
取り違えている人間が多いな。
俺か言いたいのは、ただひとつ、つまらん知識のオンパレードはヘドが
出るって事だ。
そんなことより、もっと気を使わなければだめなことってあるだろうに。
いろいろ細かく言う人間ほど、実際にはへんなこだわりをもっていて、
レギュラー仕様にハイオク入れた、といって怒るタイプの人なんだろうな。

123 :103:2000/06/22(木) 12:27
いや、べつに121さんのことではないけど
過去スレにもそういうのたくさんあったしね。


124 :103:2000/06/22(木) 12:30
あと、これは俺の主張でしかなく、他の人に強制するものではないよ
俺は、いれても入れなくても言うほどの効果がないと思っている。
また指摘されたような悪影響も無かったよ。

ガソリンだとおもうけどな。>問題は
俺はこれにて終了ってかんじ。

125 :爆笑!>122:2000/06/22(木) 12:32
>それの研究をしている
>人間でもないものの主張の張り合いなど意味を成さないと思うし。
お前も張り合いの一人じゃん。

>つまらん知識のオンパレードはヘドが
>出るって事だ。
お前もオンパレードの一人じゃん。

>実際にはへんなこだわりをもっていて、
>レギュラー仕様にハイオク入れた、といって怒るタイプの人なんだろうな。
お前もこだわってんじゃん。


126 :名無しさん:2000/06/22(木) 12:42
125
なんだ 只のアオリか。
ヴさいよきさま
まあ、バカはコレ異常相手にしないのでばいばーい
言い合えるだけの人間のほうがマシだわ。あんたよりは(爆笑

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)