5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

===ロードスターといえば?====

1 :名無しさん:2000/06/04(日) 08:55
アウディT/Tロードスターかな?


2 :名無しさん:2000/06/04(日) 09:03
あれ、そんなにかっこいいか?
なんか、個性的なのはわかるけど、美しいとかかっこいいとか
言ってる人みると、おめでたいとしかいいようがないよな。

3 :名無しさん:2000/06/04(日) 09:20
TTはAudiらしい車だと思うね。
しかし性能はいいのにデザイナーがちょっと権力持ちすぎだと思う。
例の事件起こした後も、最後まで後部のスポイラー追加を拒んでいたというし・・
そういう空力面が最初から問題なければ、欲しいロードスターだったね。

4 :名無しさん:2000/06/04(日) 09:55
Z3やボクスターよりかっこいいと思うけど。


5 :>:2000/06/04(日) 10:58
今日のTFMは最悪。首都高でT/Tロードスターの男2人が乗っているからね。
ちなみにレポーターはオフサイド大西。
http://www.jfn.co.jp/GM


6 :名無しさん:2000/06/04(日) 11:02
Z3は格好悪いに一票。野蛮なだけだな、ありゃ。

7 :名無しさん:2000/06/04(日) 20:42
コルベットコンバーチブルはスタイリッシュだけどね。
あれは2シーターなのに、コンバーチブルになっているけど。
2人乗りのオープンはコンバーチブルとはいわないのでは?


8 :名無しさん:2000/06/04(日) 20:46
アウディT/Tロードスターはドイツ車ではないです。
ハンガリー製です。よって、ドイツ車なみの性能を期待してはだめです。

9 :名無しさん:2000/06/04(日) 20:48
>ハンガリー製です
知らないで乗っている奴いるだろうな。


10 :名無しさん:2000/06/04(日) 20:58
BMWやベンツ乗りたい人はこれがお買い得な車はZ3やSLKですよ。
Z3やSLKは買った人がすぐに中古にだして、余り走ってない状態のいいもが多い。
特にZ3だぶっていて、安い。

11 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:03

違}BMWやベンツ乗りたい人はこれがお買い得な車はZ3やSLKですよ。

正}BMWやベンツ乗りたい人に情報。Z3やSLKがお買い得な車はですよ。


12 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:04
SLKはミニSLだな。

13 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:06
ちなみにZ3は米国製。


14 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:06
なんというフォームだろう! 四つの非常に大きな車輪。その上に弓なりの
曲線を描いた「飛行機操縦席」。・・これが路面に着陸したアウディ
TT の姿である。1995年のスタディーよりも更に恰好が良くなり、歩行者
を振り向かす車だ。
TT は単にクーペが一台増えただけにとどまらず、一貫した外観で自動車
デザイン史に大きな足跡を残す車だ。古典的バウハウスのスタイル・エ
レメント、1930年代の流線型も( 形状の上で大きく縮小されて) 再現さ
れ、ボディーの溝でセグメントがつくられている。極めつけのフォーム
が出来上がるまでに30カ月の歳月がかけられている。だからといって TT
の競合が退屈なスタイルの車というわけではない。性質は異なるが、強
烈な性格をもつスポーツカーである。


15 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:08
アルファ(2+2-シーター) は Pinin
- farnia が楔形、端面を強調したボディーをつくり、 BMW(2- シーター)
ではガラス・ボックスがアグレシブに張りつめた筋肉を覆っている。出
来立て
の Z 3 -コンビ・クーペは手で彫ったような粗野な感じを与え、 BMW が
今までつくった車に比べずっと挑発的である。メルセデスのロードスター
SLK は落ちついた控えめな車である。それだけにメルセデスの室内はエ
モーショナルだ。明るい目盛りの丸形計器類がメルセデスのニューソフ
ト路線を表現している。コックピットは機能的かつ伝統的である。中央
トンネルの肘掛けは快適だが、多機能レバーには慣れが必要である。テ
ストカーには黒い計器類が装備され、室内は闇にような灰色をしている
。まだフェースリフト前のモデルのためスイッチ、ボタン類の配列は独
特である。ドアのノブからしてそうで、室内バックミラーに写る歪んだ
・細い像は人を混乱させる。これに反し BMW ( アメリカ工場製) のイ
ンテリアは非常に機能的で飾り気がない。アウディはフォームと人間工
学設計が調和できることを実証している車である。開発陣がデザイナー
の意図を尊重し、財政的にも余裕があれば、デザインと機能は矛盾しな
い。 TT の場合、 V W コンツェルンの A -プラットフォームを使い、ハ
ンガリー工場(Gyor-工場) で安く製造することでコスト圧を低減できた
。技術ファンのための車づくりの歴史はアウディの方が長く、遊びの少
ない加工、スプリング・ロード、シリコン・ダンパー、間接照明のメー
キャップ・ミラー、クロムメッキした( 荷物) 固定用リング等も装備で
きるが、そうすれば純然たるアンダーステートメント思考から離れてし
まう。

16 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:08
「ピューリタン(
純粋主義) とは単純さをモットーに、明瞭で混じり気のない設計を行う
こと」だ。この厳格な論理にしたがい、アウディはエンジンルームすら
フルカバーにした。暖房/ 自動空調( オプション) ファンの制御を回転
パルスを使って徐々に行うのは有益なデザインである。シート暖房はノ
ブで稼働し、環状ダイオードが暖房の度合を表示する。デザインの中心
となる( インパネの) アルミ・リングは吐出空気の調整用に使われてい
る。
TT の外側ボディーは主にスティール製だが、室内にはアルミがたっぷり
使われている。感触は冷やかだが、心はほのぼのとする。ラジオのブラ
インド、フットレスト、ペダル、ボードブックの背表紙にも(目立たぬ
ように)アルミが使われている。四個の丸形計器が半円状のインパネに
収納され、黒い文字盤は腕時計のような感じを与える。ドライバーは上
下左右にチルティングできるハンドルの後ろにピッタリと坐り、レバー
、ペダルのリスポンスもキビキビし、皮革、アルカンタラ(人工皮革)
カバーのスポーツ・シートも引き締まっている。着座面の奥行き、脊椎
サポート、側面サポート、ヘッドレストの高さも OK である。シート調
整は手動だが、賢明な方式だ。背もたれには胸郭/ 頭部保護用のサイド
バックが格納されている。こうなると・・負荷が軽減されないと上下調
整機構が稼働せず、コックピット支柱のクッションが脛( すね) にぶつ
かり、 B- ピラーがないので ベルトが(SKL同様に) 後部側面に固定さ
れているといった欠点も・・愛嬌である。メルセデスの布地シートには
自社製スプリングが使われ、ゆったりと身体を伸ばせるが、サイドサポ
ートはあまり良くない。アルファはシートポジションが高く、後部への
傾斜も大きい。頭上スペースは滑り込みセーフといった所だが、視界は
ひどい。だが、ピラー間の間隔がが広いためスペース感は一番ゆったり
していた。

17 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:09
また間違ったすまん。
お買い得な車はですよ→お買い得な車ですよ。


18 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:10
Z 3 クーペでは床面が低いため狭いという感じはしない。だが左側の肘、
上着、日常の小物を置くスペースがない。現在では TT - 高級バージョン
には電動調整式皮革シートがオアーされる。アウディ・ドライバーは穴蔵
に入ったような感じを受けるが、これはウインドが狭く、レカロ製シート
の取り付け位置が( A 3- セダンに比べ)
6・低いためだ。このため頭上スペースが大きい。フレームのない窓ガラ
スは(BMW 同様) ドアを開けると多少沈み、ボタンを押してドアパネルに収納する。小物入れも十分にある。
TT は( アルファより極端な) 2 シーターで、( 二人以上乗る) 可能性は
大きく限定されている。フロント・シートを倒すサポート機構もなく、
後部座席の膝/ 頭上スペースが狭いため、1.50・以上の人が坐るのは無
理だ。チャイルド・シート用 Isofix-機構が標準装備され、幼児は
助手席にリボード・シートを取り付け寝かせるが、その場合助手席側エアバックは点火キーで稼働解除する。


19 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:11
背もたれが折りたためるので、トランクルームの可変性は良い。積載端面
の高さが77
・なので、後ろから荷物を積むというより、上から入れるような感じとな
る。だが引っ越しの荷物を積む車ではなく、これは帽子置きが取り外しで
きても変わりない。トランクルームには( 乗員室にも使われている) 黒い
布地が至る所に使われている。床下には非常タイヤが収納され、床は取り
外しが出来る。背が高く一杯に開くテールゲートはコックピット・ボタン
又は( 標準装備の) リモコン装置でロック解除ができる。 TT - クワトロ
のトランクルーム容量は 220/490・だが、床面が 8・低い前駆バージョンは容量が 50 ・余計にある。アルファは 155・とみすぼらしく、メルセデ
スは 348・である。 BMW は 210・( 天井一杯まで積んだ場合:410・) と
容積は少ないが、直方体なので利用しやすい。アウディ、メルセデスは
パンク用応急セットをオプションでオファーしているが、アルファでは
( フェースリフト後) 標準装備となった。四モデルともエンジン・コンセプトが非常に異なり、アルファ、アウディは横置き、 BMW 、メルセデス
は縦置きである。アルファには V 6 (2 バルブ)-エンジン、アウディ
には 5- バルブ/4- シリンダーエンジンが搭載されている。


20 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:11
BMW 、メルセデスは 4- バルブ・エンジン( 後輪駆動) が使われ
、 BMW は自然吸気・直列 6気筒、メルセデスは 4- シリンダー・コン
プレッサーを使っている。
BMW 、メルセデスの出力は
193PSだが、その挙動は全く異なる。 BMW (2.8L) - エンジンは 強烈で
激しく、どの回転領域でも回転性が良い。サウンドは
4- シリンダー丸出しだが、落ちついた稼働のエンジンである。6100回転/
minでリミットになるが、トラクションが強く、燃費も低い。極端にスト
ロークの短いアルファ- エンジン( 2L) は外観の上では V 6- エンジン
のようだが、技術的には強烈なターボエンジンである。長い導管を経由し
てゆっくり吸入を行い、4000回転/minを越える頃にやっと活性が出る。チ
ャージャーのサンウンドがアクセントをつけ、稼働は非常にしなやかであ
る。アルファの 5速- シフトは( BMW より) 短く段取りされているが、
( トランスミッションの長い) SLK よりスピードが落ちる。アウディの 1
.8L- エンジンには( A 3- ベースエンジンより) 大きなターボ、二個の(
連続して切り換えの出来る) チャージエア冷却装置、( 設変された) 吸入
導管、精密加工したピストン、コンロッドが使われている。トルク(280Nm
) は競合と同じだが、リッター出力が 126.3PSなので( 合計:225PS) 、競
合を凌駕している。

21 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:12
2300〜2800回転/min でパワーにはずみがつき、
その後強烈なパワー展開に移る
。ぜいたくなサウンド・チューニングをしたため、このロングストローク
・エンジンの音はドライバーの耳にはうるさくないが、パワーを一杯に出
すと強烈なサウンドとなる。特に減速時には劇的なサウンドが出、レーシ
ング・ファンは( マフラーに発生する) この事後燃焼爆発音を《positive
misfiring》と呼んでいる。
TT の燃費は 10.7 L/100km( スーパープラス) と非常にリーゾナブルで
ある。だがタンクを満タンに出来ないのは( アウディでは頻繁に見られ
る) 悪癖である。段間隔を非常に狭く取った新しい 3- シャフト- ギア
が嵐のようなトラクションに貢献し、6-速は本当のドライブ・シフト(Fah
rgang)になっている。MQ
350 という名称のコンパクトなギアボックス( コントロール・ケーブル
方式) は・・ V W コンツェルンで今後大量に採用される予定だが・・シ
フト行程も短く、非常に印象が良かった。
BMW のシフトも( 従来同様) 正確で、アルファ、メルセデスを凌駕して
いる。ボックスベルクにある新しいボッシュ・テストベンチでこの四台
のクーペをテストした。結論: TT は外観同様、走行も良かった。

22 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:12
シャ
シーは A 3 の前輪サスペンションとクワトロ後軸を( 大きく設変して)
ミックスしたような感じで、( 平らな17- ・- タイヤを装着し、前輪輪
距幅の広い) この車は軌道が非常に正確で、旋回もほとんどニュートラ
ルに行うが、内側に入り込む傾向が出る。リスポンスの良いステアリン
グはアライニング・フォース(aligning
force)が大きく、一級の路面接触感が得られ、また( ボディーから) カタ
カタ音が出ないのでドライバーは( 予想以上の) 速いスピードで走ってい
ることが多い。このエンジンで最も魅力的な点は、飽くことを知らないト
ラクションの良さである。ニュー・クワトロエンジンの心臓部( V W の
シンクロ・エンジンを更に開発) は
Haldex- クラッチで、一瞬の間に駆動トルクをほぼ完全に前後の車軸に配
分でき、四輪駆動の安定した走行が旋回時にも持続する。経験者は
TT をアクセルペダルを使い操舵できるが、普通のドライバーには低速操
車でツイスティングのないことの方が嬉しい。

23 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:13
Z 3- クーペもスポーツファンのための車である。ロードスターより
5・床面の低いこの車( テストカー) には 17 ・- タイヤ( オプション)
が装備されていた。この非常にハンドリングの良いモデル( 「本物の後輪
駆動車の最後の一台」) はゆったりしたドライブも出来る車だ。( 遮断可
能な) ASC+ T が標準装備され、ステアリングも TT なみに繊細である
。ただ、幅の広い前輪タイヤがどんな車輪の跡にも足を取られるのが難で
ある。メルセデス、アウディ( 両方とも普通のタイヤ) の方が走行安定性
が良く、アンダーステアリング傾向が強い。メルセデスの弱点は神経質な

ball-and-nut-ステアリング、アルファの弱点は低シフト時にハンドルが
ターボに強引に引っ張られることだ。快適性に関しては、アルファが一番
バランスがとれていた。メルセデスのシャシーは比較的ソフトにセットさ
れているため、ゆっくり走る時には快適だが、アウトバーンではアンバラ
ンスな印象を受けた。


24 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:14
BMW はガタガタ音が出、殆ど粗野と言ってよいほどの走行であった。同
様に引き締まったセットのアウディの方が路面走行が静かだった。制動テ
ストは再び TT の見せ場で、ボクスベルク・コースは舗装したてのためホ
ッケンハイム・コースの測定値を上回ったが、それでもアウディの100
km/h→0 制動距離は40m以下と立派であった。これは大きな前輪ディスク
が熱をすぐに放射出来るためだ。 TT の ABS は制動力を巧みに二つの車
軸に配分し、車を容易にコントロールできる。( ペダルがソフトな感じを
与えるのに) メルセデスが
BMW を抜いて二位になった。頭でっかちのアルファはフロントエンドが
大きく沈み、尻が上がった。アルファは根っからのイタリア車ファンの車
だが、「若い野獣派」に比べると見劣りした。メルセデスはすべての矛盾
を解消する「何でも屋」のような車なので、プロフィールに欠けるが、(
BMW 同様) ブランド・アイデンティティーがこの車のプロフィールだ。
BMW の角張った二人乗りクーペは10月に発売される。目標はアウディ
に対抗することだ。このテストでトップになったのはデザインクーペ TT
であった。62000 マルク で買える純粋なスポーツカーで、しかも標準装備が
豊富なため、ポルシェ・ボクスターすら恐れを覚えるモデルである。どう
やらユーザーはこうした兆候を感じ取ったらしく、10月30日が発売開始な

のに、既に 1万台が売約済である。
TT はイメージの爆弾で、アウディは大躍進の途上にある。


25 :名無しさん:2000/06/04(日) 21:26
やっぱり、ロードスターといえばMGを忘れてはいけませんよ。


26 :黄色インテR:2000/06/04(日) 22:10
>25
最高ですよね

27 :黄色インテR:2000/06/04(日) 22:16
ちなみに、私の所有しているMG−Fは
助手席無い代わりに消化器がついています。
ついでに5点式も標準装備
あれだけ、無茶しても結構・壊れない車です

28 :名無しさん:2000/06/04(日) 22:17
最高です。

29 :名無しさん:2000/06/04(日) 22:55
まつだ

30 :名無しさん:2000/06/05(月) 20:40
ホンダS2000だな。


31 :名無しさん:2000/06/06(火) 20:46
ロードスターといえば、フィアットバルケッタもよろしく。


32 :名無しさん:2000/06/08(木) 20:58
14〜24ってホンダR&Dの人?


33 :名無しさん:2000/06/09(金) 21:03
アルファスパイダーは?


34 :名無しさん:2000/06/10(土) 03:59
スパイダーマンの車は?

35 :>34:2000/06/18(日) 11:18
アメ車じゃないの?

36 :名無しさん:2000/06/19(月) 07:48
E-typeのロードスターだろ、一番は。

37 :名無しさん:2000/06/19(月) 09:24
>27
胃薬でも積んでおけ


38 :名無しさん:2000/06/19(月) 21:39
ボクスターもな。

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)