5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

師団とか旅団とか

1 :筆記ー容貌:2000/06/20(火) 18:49
どのように編成するのでしょうか?
諸兵連合軍について書いてある日本語の本があったら
教えてください。

2 :名無しさん:2000/06/20(火) 19:09
質問の意味がいまいちわからないですが、ダニガンの「戦争のテクノロジー」
はどうかな?

3 ::2000/06/20(火) 19:53
では、
師団と旅団はどう違うのでしょうか?

4 :名無しさん:2000/06/20(火) 19:56
規模が違います。(笑)
部隊符号も違います。
団と旅団は同じ。
でも、師団は違う。


5 :名無しさん:2000/06/20(火) 20:11
一応規模の順に書いておくと、

分隊<小隊<中隊<大隊<連隊<旅団<師団

だったと思います。間違ってたらフォローどうぞ。

6 :名無しさん:2000/06/20(火) 20:13
その後に「軍団」

7 :名無しさん:2000/06/20(火) 20:15
組<班(分隊)<小隊<中隊<大隊<群<連隊<団<旅団<師団<方面隊<陸上自衛隊(笑)
班と分隊について、どちらが大きいか不明。


8 :4であり7である。:2000/06/20(火) 20:17
軍団を忘れてたね。

9 :名無しさん:2000/06/20(火) 20:24
戦時体制だと、「師団」のそのまた上に「軍」(Army)という単位を
設けることもある。さらに「軍」を複数集めた「軍集団」(Army Group)
という単位も編成された。

10 :名無しさん:2000/06/20(火) 20:25
昔は管区隊とかあった。

11 :名無しさん:2000/06/20(火) 20:25
「兵団」も忘れないで〜

12 ::2000/06/20(火) 20:31
例えば東部方面隊は、EA(EastArmy)と書きます。
ですから、自衛隊においては、軍=方面隊と言うことです。
参考までに。

13 ::2000/06/20(火) 20:38
部隊単位の全てを書き始めると、きりがなくなりそう。

だって、部隊符号の教範探しから始めないとならないもん。(自爆)

戦闘団だって忘れてるし。

14 :名無しさん:2000/06/21(水) 00:28
有事の際は、師団を基幹として「戦闘団」が編成されます。
まぁ・・・簡単に言うと、富士教導団みたいな編成かな?

15 :名無しさん:2000/06/21(水) 00:41
・班・・分隊・・・小隊
|中隊||大隊|||連隊
×旅団××師団×××軍団
米軍の使っている兵科記号ならこんな感じだったはずです。
軍団以上は×を増やしていきます。
旧帝国陸軍や自衛隊では師団の規模が大きいので、
米軍の兵科記号にない編成単位があるようです。

16 ::2000/06/21(水) 00:42
>14
ちょっと違うよ。
自衛隊で言うならば、戦闘団(CT)は通常普通科連隊基幹で編成されます。
1個普通科連隊に対し、通常1個中隊規模の各職種部隊が配属されます。
(特科連隊については1個大隊基幹)

富士教道団は全くの別編成です。

17 ::2000/06/21(水) 00:47
>15
自衛隊の部隊符号は米軍と同じ物を使います。
と言うか、米軍から入ってきたのだよ。
じゃないと、日米共同訓練で図戦が出来ないじゃない。

18 :>15:2000/06/21(水) 03:12
自衛隊の師団の規模ってそんなに大きいですか?

19 :名無しさん:2000/06/21(水) 06:41
 国によって違いすぎるので、なんとも書き様がない。ミリタリー
マニアとしては覚えるしかない。中隊-大隊-連隊-師団の3単位制
が主流だった第2次大戦でも

 アメリカ 歩兵師団は3単位-軍団-軍-軍集団、機甲師団はテーラーメイド
 ドイツ  歩兵師団は3単位-軍団-軍-軍集団、機甲師団は2単位
 ソ連   歩兵師団は原則3単位-軍団-軍-方面軍、戦車は旅団-軍団、各編成が小さいので、独軍団=ソ軍
 日本   歩兵師団は3単位-軍-方面軍-総軍、戦車は他国の大隊規模の連隊-旅団-師団
 イギリス 歴史的な経緯があって、こんな所で説明するのが無理なほど複雑

 という感じ、現代では大隊レベルから説明しなければならないほど、国に
よって違う。自衛隊の編制はかなり特殊な部類に入る。似ているのはフラン
スくらい。

 現代で注意しなければならないのは、米軍と英軍の「連隊」。英軍の
戦車連隊は他国の大隊規模だし、歩兵の連隊は募兵の単位であって、戦
闘単位でははない。米軍の「連隊」も装甲騎兵連隊以外は名前だけの物
が多い。

20 ::2000/06/21(水) 15:19
帝国陸軍について一言
師団
   歩兵旅団(2個歩兵連隊で構成)
   歩兵旅団
   砲兵連隊(野砲、山砲など装備は連隊によって変わる。15瑠装備の場合もあり)
   工兵連隊
   輜重兵連隊
   捜索連隊(装甲車や軽戦車装備の機械化部隊:元は騎兵連隊)
   師団通信隊、野戦病院、防疫給水部など付属

日中戦争の拡大で師団数が不足したした為、各師団から1個歩兵連隊を
抽出して師団数を増やし、3単位制に移行した事になっています。

師団は最小戦術単位として認識されますが、師団規模を派兵するに及ばない
場合、旅団に砲兵・工兵等の中隊を臨時に付属して戦術単位とします。
これが、独立混成旅団とかいう呼称になります。占領区域が広がり、
警備区域が増加した結果、独立歩兵大隊を基幹にした混成旅団がたくさん
編成されますが、警備担当のために外征部隊に比べると装備が劣る様です。
これすらも、19年に入ると師団に格上げになり、名目上の師団数増加という
政策がとられます。その結果、本土では小銃を持たず、竹槍装備の歩兵が登場
する事に成ります。

21 :筆記ー容貌:2000/06/21(水) 15:38
皆さんレス下さってありがとうございますっス。
早速印刷して読むっス。

22 :>20:2000/06/21(水) 16:37
>師団は最小戦術単位として認識されます

ということは、指令部が置かれる最小単位が師団であると解釈して
よろしいのでしょうか?

23 :名無しさん:2000/06/21(水) 16:56
陸上自衛隊の普通科連隊は、隊員の定数が確保できないため、以前は
連隊長の下に大隊長を置けず、中隊長を直率していたはずだけれども、
今でもそうですか?

24 ::2000/06/21(水) 18:00
>22
そうではありません。常設の組織として、砲兵・工兵・輜重など他の
兵科を含む、総合戦力として構成される組織上の意味で最小戦術単位
という意味です。
ですから、歩兵旅団にも旅団司令部という組織(70名程度)があります。
手元に資料が無いので何とも言えませんが、旅団司令部には副官はいても
参謀の配置が無かったと思います。師団には少数ながら、師団参謀という
参謀部に付属する役職があるはずです。
日本が、明治時代に鎮台制から師団管区制に軍制をを変更した頃、西洋では
数個師団で構成される軍制に移行していますが、当時の日本は貧乏で軍を
常設する事は出来なかったんですね。
軍になると、軍指令部参謀を更に教化した司令部に、野戦重砲連隊や戦車連隊
などの補助兵力(あくまで歩兵主導ですから)が更に充実するということです。

25 :>24:2000/06/21(水) 18:36
>日本が、明治時代に鎮台制から師団管区制に軍制をを変更した頃、西洋では
>数個師団で構成される軍制に移行していますが、当時の日本は貧乏で軍を

 これって逆じゃない?
 軍が大きくなりすぎて、将軍一人では指揮しづらくなったため、
ナポレオン時代のフランスがが師団を創設したのでは?



26 :>20、24:2000/06/21(水) 19:21
日本陸軍は師団のことを戦略単位部隊と呼んでいたのですが。
独立した作戦行動が可能な規模ということで。
某師団の将校同相当官並高等文官職員表(満州事変期)を見ると
旅団司令部(旅団長・副官2人)より
連隊司令部(連隊長・副官・旗手・司令部付11人)で、
連隊司令部の規模の方が大きいです。

27 :>20、26:2000/06/21(水) 20:36

師団は最大の戦術単位であり、かつ最小の戦略単位である。と言わ
れていますな。

>18

自衛隊の師団規模は他国に比する1/2〜3/4ぐらい。因みに湾岸戦争
の時の英軍の増強第1機甲師団は2万5000人規模で、自衛隊の甲師団
の約3.6倍。第7師団の約3.8倍になる。

>23

自衛隊には普通科大隊は無いよ。
連隊は4個中隊(例外有)からなる。


28 ::2000/06/21(水) 22:29
27>
フォローありがとう。ございます。外出先にて、うろ覚えの記憶で記載した
結果、混乱するような事を書いてしまいました。

旧軍でも、平時編成と動員令後の戦時編成では定員が倍近くなりますから、
平時編成状態?の陸自と比較するとそのくらいになるのかな、という感想を持ちました。

>26
連隊司令部の方が規模が大きい事について
旅団司令部の規模については、私もそのくらいのイメージだったのですが、
ガダルカナル戦について調べた時、川口支隊の旅団司令部として70名近く
計上した文献を見つけて以外に多いなという印象を持っています。
護衛小隊でも付属していたのでしょうかね。
連隊司令部に方が大きい事について、私はベースのある回答を持ち合わせていません。
兵員の補充などは、連隊区毎にやるのでそういった係りが付属しているのかなと、想像
するのみです。

25>
これについて記載した文献が、自宅にあったと思うので出張からもどったら、調べて
お返事しますね。それまで待ってください。

29 :名無しさん:2000/06/21(水) 23:24
外国の師団長は少将が多いらしいけど旧日本軍は中将職だよね。
一つずつ階級がインフレ化している?
今の日本は4つ星は幕僚長一人だけだけど米英独あたりって
何人くらいいるの?
参謀総長と・・・

30 :名無しさん:2000/06/21(水) 23:34
>28
兵員補充は人事担当が上申します。
概ね補給品等と同じような行程で請求をあげます。
士官が欲しいのに下士官が来たら問題発生だし。

>29
自衛隊の将軍様(4つ星)は統幕議長、陸上幕僚長、海上幕僚長、航空幕僚長です。
この4役だった気がしますが。
なお、師団長は3つ星。団長クラスは2つ星です。(記憶によると)

31 :>29:2000/06/22(木) 00:29
旧日本では将官の階級が3つしかないからでしょう。
米陸空軍では1つ星のBrigadier General(准将)があり、
これは文字通り旅団長ですが(英陸軍ではBrigadier)、
日本軍には准将の階級がなかったため旅団長は少将ポストです。
またドイツ軍は大将と元帥の間に上級大将の階級がありました。
日本軍はその辺りを全て先任順位でやっていたから、
大臣・次官・軍務局長がすべて中将とか、
方面軍司令官・軍司令官・師団長がすべて中将ということが
起きたのでしょう。

32 :名無しさん:2000/06/22(木) 04:44
 旧日本陸軍では師団長職が最も重要だったんでしょ。
現在でもそうだけど、地形的要因からして師団が最も
使い勝手のいい兵力単位だから。軍やそれ以上の
単位ではちょっとでかすぎて有効に使えない。

 だから師団長は最後まで親補職の中将だった。
戦争末期には軍司令官は重要度が下がって大将から
中将に下がったけど、師団長はそのまま。

 たしかメッケルが日本軍の高級指揮系統を考えた
ときにそうなったとか聞いてるけど。ヨーロッパの
軍に軍団があって日本にはないのもメッケルの献策
じゃなかったっけ。


33 :横レス:2000/06/22(木) 09:39
ペルリはホントは准将(コモドア)だった

34 :名無しさん:2000/06/22(木) 10:56
>33
代将、と訳されることが多い。


10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)