5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

名言、名文スレッド

1 :名無しさん:2000/05/27(土) 07:43
アイ シャル リターン (私は帰ってくる)

マッカーサーがフィリピンから脱出するとき言った言葉。



2 :ハルゼー:2000/05/27(土) 08:10
"Kill Japs@`Kill Japs@`Kill MORE Japs!"

3 :退却:2000/05/27(土) 10:20
転進!

4 :秋山真之:2000/05/27(土) 12:52
敵艦隊見ユトノ警報ニ接シ
連合艦隊ハ
直チニ出動之ヲ撃滅セントス
本日天気晴朗ナレド波高シ


5 :沖田十三:2000/05/27(土) 12:55
わかめ、もとひ バカめ

6 :田中頼三:2000/05/27(土) 12:58
揚陸中止。全艦攻撃開始。

ルンガ沖で彼がやった事の全て(笑)。

7 :海の人:2000/05/27(土) 14:14
 リメンバー・パールハーバー

 いつぞや民放で、これの歌が録音されたレコードを探す番組をみて
耳についているのであった。
 りぃめんばー、ぱーるはーば〜♪



8 :佐々木功:2000/05/27(土) 14:48
りぃめんばー、やぁまとぉ〜♪

9 :デスラー総統:2000/05/27(土) 15:08
「ヒスくん。きみはバカかね?」
「は」
「わたしの下らぬ楽しみを、貴重な飲み物なんぞで邪魔しないでほしい」
「はああああ???」

イギリスに単独飛行で和平交渉にとんだ男など、30年たって
極東のTVマンガのなかで未来永劫馬鹿にされてよろし(笑)

10 :名無しさん:2000/05/27(土) 15:11
その昔、戦闘爆撃機万能論を皮肉った今は無き航空ジャーナル誌の対談記事
での名言。

「F+BはBを捨てればFになるが、FB+BはBを捨ててもFにならない」

もっとも最近では技術の進歩でマルチロール・ファイーターが一般的となり
つつあるが。


11 :名無しさん:2000/05/27(土) 16:20
チャーチルの戦中の言葉
「ねばーぁ!ぎぶあっぷ!、ねばー!ねばー!ねばー!」

粘液質の性格なんじゃろか?

12 :>11:2000/05/27(土) 18:00
受けた。

13 :ミルク:2000/05/27(土) 18:20
私も陰ながら読売球団の不幸を
願っています。http://union-jp.net/home/ysngmilk.html



14 :覚悟とは:2000/05/27(土) 21:06

防衛大学学長・夏目晴雄。卒業式にて。

「……その上で、防大の生みの親である吉田茂元首相が諸君の先輩に
こう言われたことがあります。

『君たちは自衛隊在職中決して国民から感謝されたり歓迎されること
なく自衛隊を終わるかもしれない。きっと非難とか誹謗ばかりの一生
かもしれない。ご苦労なことだと思う。しかし、自衛隊が国民から感
謝され、ちやほやされる事態とは外国から攻撃されて国家存亡のとき
とか、国民が困窮し国家が混乱に直面しているときだけなのだ。言葉
をかえれば、君たちが「日陰者」であるときの方が、国民や日本は幸
せなのだ。耐えてもらいたい。』

諸君の先輩は、この言葉に心を打たれ、自らを励まし、逆風をはねの
けながら、ひそやかな誇りを持ち、報われることの少ない自衛官とし
ての道を歩んだのであります。」

/

さすが吉田茂、さすが防衛大学学長。


15 :>14:2000/05/27(土) 22:10
「葉隠れ」思想っすか?

16 :名無しさん:2000/05/27(土) 22:18
日本は天皇を中心とした神の国である。

17 :名無しさん:2000/05/28(日) 00:10
ワレアオバ

サボ島沖で、重巡青葉が米巡洋艦隊を味方水上機母艦「日進」と
誤認し、この発光信号を送って袋叩きにされた。

18 :利根4号機:2000/05/28(日) 01:23
その後方に空母らしきもの1隻を伴う

はやく攻撃せい


19 :名無しさん:2000/05/28(日) 01:34
ニイタカヤマノボレ

トラトラトラ

20 :ネズミ輸送の駆逐艦乗組員:2000/05/28(日) 02:32
「見ろよ。魚雷が泣いてるぜ。」

21 :名無しさん:2000/05/28(日) 05:13
>諸君の先輩は、この言葉に心を打たれ、自らを励まし、逆風をはねの
>けながら、ひそやかな誇りを持ち、報われることの少ない自衛官とし
>ての道を歩んだのであります。」

なのに、最近は平時でもやたら目立ちたがってるように思える。
金はやたらと欲しがるし。

22 :軍人の言い分:2000/05/28(日) 06:34
「殴られた事の無い政治家にケンカのやり方がわかるのか!?」

23 :某士官候補生の言い分:2000/05/28(日) 07:38
「殴られずに一人前になった者がいるものか」

24 :剛田たけし:2000/05/28(日) 08:29
「むしゃくしゃするから殴らせろ!」

25 :名無しさん:2000/05/28(日) 08:35
恥ずかしながら、生きて戻ってまいりました。

26 :名無しさん:2000/05/28(日) 08:58
新しい元号は「平成」にかわりました。


27 :名無しさん:2000/05/28(日) 09:31
「これは信じても良いものだろうか、余りにもうますぎる」
(タンネンベルヒ会戦のロシア軍包囲直前のフランソワ軍団長)

28 :名無しさん:2000/05/28(日) 11:31
正確には忘れたが、

「1年は存分に暴れてみせるが、
2年3年となると見通しがつかない」by五十六

ちなみに、いざ開戦してみると、
1年どころか半年ももたず、
ミッドウェイでの惨敗にぶちあたるのであった。

29 :米内光政海軍大臣:2000/05/28(日) 12:28
「参謀本部は政府を信用しないというのか。それなら参謀本部が
やめるか、内閣がやめるかしなければならぬが」
トラウトマン工作継続を主張する多田駿参謀次長に対して
大本営政府連絡会議で。
多田次長は
「明治天皇は朕に辞職なしと仰せになったと聞いているが、この
重大時機に辞職辞職とあなた等がお考えになる気持が分からぬ」
と反論するが、押し切られる。
近衛内閣は翌日「爾後国民政府ヲ対手トセス」声明を発表。
蒋介石を徹底抗戦に追い込んだ。

30 :名無しさん:2000/05/29(月) 13:47
戦略の本質とは、自己の持つ手段の限界に見合った次元に、
政策目標の水準を下げる政治的英知である。

31 :作り話かも知れんが:2000/05/29(月) 15:48
木村昌福
「帰ろう。帰ればまた来ることができる」
キスカ撤退作戦時、なかなか霧が出ないので一時避退するときこう言ったとか。

32 :名無しさん:2000/05/29(月) 15:52
阪神吉田監督
「縦縞のユニフォームを横縞にしてでも…」

33 :名無しさん:2000/05/29(月) 16:20
某研究者
「まあしかし〜だろうか」
「あるいは〜なのだろうか(笑)」

34 :某元傭兵:2000/05/29(月) 20:53
「せっかくだから、オレはこの赤の扉を選ぶぜ!」


35 :名無しさん:2000/05/29(月) 21:55
「戦争はゲームだよ。私ならノルマンディに上陸するな」
キツネと呼ばれた方のお言葉


36 :名無しさん:2000/05/29(月) 21:58
「戦争はゲームだよ。私ならノルマンディに上陸するな」
キツネと呼ばれた方のお言葉


37 :ハゲのスケベおやじ:2000/05/29(月) 22:06
「来て、見て、勝った」

38 :名無しさん:2000/05/29(月) 22:20
「上陸作戦の最初の24時間がすべてを決するだろう。
ドイツの運命はその結果如何によって決まる。
連合軍にとっても、われわれにとっても、
この日こそはもっとも長い一日となるだろう」

同じくキツネの言葉。


39 :和尚:2000/05/29(月) 22:29
生きて帰ってきたまえ。
戦後が君達を待っている。
(高島善哉)

40 :鉄壁M:2000/05/30(火) 02:53
「我が軍は敗れたが司令部は健在である。
貴官ら、将兵を首都まで、送り届けることを約束する。
誇りと秩序を持って毅然と帰途につこうではないか。

、、、敗戦の罪は、小官一身にありますれば、部下達には、どう
か寛大な処置を賜りたく、、、」


41 :名無しさん:2000/05/30(火) 12:12
>34

グレッグは大丈夫か?

42 :実話です。:2000/05/30(火) 12:27
「多目的は無目的!」

43 :wss:2000/05/30(火) 12:49
皇國ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、・・・・・・


44 :名無しさん:2000/05/30(火) 12:59

              ∧ ∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ∩(゚Д゚ )_ < 犯罪者大隊への編入を命ずる!
 ―――l∠ ̄〆/ ̄ ̄ ̄ ̄\\ \____________
  ̄ ̄ ̄|` ̄|| ./_ 2CH ☆ \λ __
       ̄ ̄\_____   >} ‐=</ )、
       / ̄ ̄  ====  ̄ ̄\^  ○/)|
     _/_/⌒N /   /0 __\/  )|
   ∠__ /]  ̄    ̄ ̄  ∠___/  )λ
   |==== |――――――――|==== | )λ
   \===\ _______\===\/
      ̄ ̄               ̄ ̄
 T-34/76A

45 :懲罰大隊隊員:2000/05/30(火) 13:07

ちっ政治将校め!同じロシア人ぢゃねぇかっ!

46 :名無しさん:2000/05/30(火) 13:16
俺はグルジア生まれだ!(31歳独身)


47 :ドサ健:2000/05/30(火) 14:23
俺はまけやしねー
負ける時は死ぬときだ

48 :名無しさん:2000/05/30(火) 17:20
ホシガリマセン カツマデハ

実際は負けるまででしたが…
ぎぶみーちょこれいと、ぎぶみー、ぎぶみー。


49 :きみらいくつや(笑):2000/05/30(火) 17:40
贅沢は素敵だ!


50 :名無しさん:2000/05/30(火) 18:01


          _
     \  ∧二∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       \( ´∀`) <  目標、前方のT-34!
        / 二 二 ]」 \__________
        ┌|| ̄彡 ̄ ┬=二__                      ___
       | |+2ch o||  ((__((二⊇〓〓〓〓〓〓( ̄o)    /o__⊥
  ┌――┴┴―――==┬―┴――‐ヽ          ̄   ∠=√´∀`)
  ||  ⌒~~~⌒⌒~~°   |_(∈∋__(@ 」_            //   / ⊥ _
  /―――――――――>‐―┬――――┬>         =し==O⊂〔| | 〕
   /○  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ((*))}===) 冊冊冊冊〕==)        /  / ゝ    ̄
  λ (◎) (◎) (◎) (◎) )ー/==ノ――――< ==ノ       (__)\_)

51 :名無しさん:2000/05/30(火) 18:07
              ∧ ∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ∩(゚Д゚ )_ < 撃てぇ!!!!
 ―――l∠ ̄〆/ ̄ ̄ ̄ ̄\\ \____________
  ̄ ̄ ̄|` ̄|| ./_ 2CH ☆ \λ __
       ̄ ̄\_____   >} ‐=</ )、
       / ̄ ̄  ====  ̄ ̄\^  ○/)|
     _/_/⌒N /   /0 __\/  )|
   ∠__ /]  ̄    ̄ ̄  ∠___/  )λ
   |==== |――――――――|==== | )λ
   \===\ _______\===\/
      ̄ ̄               ̄ ̄
 T-34/76A


52 :名無しさん:2000/05/30(火) 18:08



       どこーーーーーーーーーーーーーん!

53 :ごめん。その手のウケナイ:2000/05/30(火) 18:23
↓参照

http://teri.2ch.net/2ch/test/read.cgi?bbs=army&key=959503492&ls=50

54 :某T.K:2000/05/31(水) 03:25
「美しく思われた人々の感情は常に悲しく、
重んじた伝統は弱者達の叫びの中に消え失せる。

戦いにおける勝者は、歴史の中で衰退と言う終止符を打たなければならず、
若き息吹は敗者の中より培われていく。
・・・私は敗者になりたい・・・。」

55 :名無しさん:2000/05/31(水) 06:52
殺すより盗むがよく、盗むより騙すがよい。

56 :名無しさん:2000/05/31(水) 06:53
大きな棍棒をもったら、そっと歩け。

57 :阿南帝国陸軍大将:2000/05/31(水) 09:57
「一死ヲ以テ大罪ヲ謝シ奉ル」

58 :名無しさん:2000/05/31(水) 11:41
生きて虜囚の辱めを受けるなかれ

59 :名無しさん:2000/05/31(水) 12:35
お母さん、お母さん、お母さん・・・

60 :大渦よりの来訪者:2000/05/31(水) 13:06
「艦長・・・・・・月でも見に行こうか。」

61 :名無しさん:2000/05/31(水) 13:22
「チッ、もう勝ったつもりでいやがる。」

「よろしい、では教育してやるか。」

ビットマンのヴィレル・ボカージュでの一コマ。
実話かなぁ?

62 :名無しさん:2000/05/31(水) 17:30
貴様らアホ面のひよっこ新兵は戦場じゃ積み上げられた土嚢より使い物
にならねぇ補充されてくたばるだけしか能がない屑だ豚だミジンコだ
ギョウ虫にも劣るバクテリアフォージだ死ぬのが惜しいとか自分の命に
値打ちがある思ってるご大層な腰抜けはその腰に下げてる飾りでテメエ
の脳味噌を今すぐ撃ちぬいちまえそれ以外のマヌケどもは生まれてすい
ませんとママに挨拶しとけボンクラども!!

63 :名無しさん:2000/05/31(水) 17:40
貴様ら!タマはあるのか?
べっとの上でばかり、うちまくってんじゃねぇ!
早く突っ込んでイエロ−にぶちこんでやれ!
ト−マス!グズグズするな!
GO!GO!

64 :友永大尉:2000/05/31(水) 18:00
整備兵 「右翼の燃料タンクが破損して、使用不能です。」

友永大尉 「そんな事承知だよ! 構わないから準備してくれ。」

65 :多くの無名兵士の声:2000/05/31(水) 18:06
俺は、陛下のためだけではなく
愛する家族のためや、美しい故郷のために死んでいくと思う。
この戦争はたぶん負ける。
しかし、たとえ負けても、この国が再び立ち直る事を信じている。
俺達の死は、決して無駄じゃないよ。

66 :名無しさん:2000/05/31(水) 19:10
んーでも侵略戦争だったからなあ。。


67 :名無しさん:2000/05/31(水) 19:57
>66

時代背景や国際情勢も考えるべき。


68 :>67:2000/05/31(水) 20:00
ますます侵略戦争だ

69 :名無しさん:2000/05/31(水) 20:31
大東亜戦争は聖戦だ。

70 :>66:2000/05/31(水) 20:33
GHQ洗脳者発見!!撃てー!!

71 :海の人:2000/05/31(水) 20:36
 さぁ来いモンキー野郎ども、人間一度は死ぬもんだ。

  62を見てたら思い出した(笑)



72 :みんな:2000/05/31(水) 20:42
ハインラインを読んで育ってますなあ。

73 :海の人:2000/05/31(水) 20:44
 元が良いのもありますけど、やはり矢野御大の翻訳の妙によるところも大きい
ですよね。



74 :名無しさん:2000/05/31(水) 21:09
砂漠を一群のドイツ軍将兵たちが後退していく。しっかり銃を担い、キャノン
(砲)を引き、白熱の日差しを浴びながら、一部の隙(すき)もない、整然とし
たもので、敗者の風情など微塵も感じられなかった。わたしたちが、動けば、敢
えて踏みとどまって決戦を辞さないという覚悟は、その一人一人のまなざしにみ
なぎっていた。アカバ攻略以降、わたしたちが見た、数々の彼等の敗退の記憶の
中で、それはけして失われることのない誇りと威容を備えた、もっとも見事な軍
隊の退却行であった。われわれに追撃の一打をはじめて思いとどまらせるほど、
感動的な輝かしさで満ちていた。そこには敗れたりと言えども、ドイツ再興を容
易に想像させるのに十分な力強さがあったのだ。ドイツ、恐るべし。わたしたち
は、地平線に彼等の姿が消えていくまで、彼等の将来のために敢えて敬意を表し
て見送ったのである。(アラビアのロレンス、「回想録」から)-



75 :西沢一飛曹:2000/05/31(水) 21:37
技量の低い、海兵出のエリ−ト士官に向けて

「ほら、私の指の先に何か見えますか?」

痛烈な皮肉。

76 :名無しさん:2000/05/31(水) 23:29
この場ににいるのは既に死んだヤツか、これから死ぬヤツの2種類だけだ

77 :名無しさん:2000/06/01(木) 04:37
愚者は己の経験からのみ学ぶ。

78 :80年代のNHK特集で:2000/06/01(木) 22:42
北海道の陸自広報官の台詞。ソ連が責めてきた場合の説明で、
「あそこが防御陣地で・・・で、こちらが第2陣地」
そのあとおもむろに大雪山を指し、
「ちなみにあそこが師団長自決の予定地です」

・・・・うーん、ブラック(笑)


79 :戦争に勝つほどおぞましいことは無い:2000/06/02(金) 01:36
負けることを除いては(デューク・ウェリントン)


80 :名無しさん:2000/06/03(土) 10:18
「我々の世代が先人と同じ手法を用いるのは、
 どうにも不面目な事に思えた」

−エーリッヒ・フォン・レヴィンスキー・ウント・フォン・マンシュタイン−


81 :名無しさん:2000/06/03(土) 15:30
戦争とは国家間の政争の手段(道具)である。

82 :某区隊長:2000/06/03(土) 16:42
「ツケェーーー!!」(気を付け)
「ツケェーーー!!」(突け←銃剣道)

83 :名無しさん:2000/06/03(土) 17:21
太平洋戦争の後期にこんな標語が出たらしい。
「骨を切らして髄を断つ」

オイオイ、両方死んでないかい?

84 :名無しさん:2000/06/04(日) 12:49
「ただ一度戦争に負けたからといって、民族の誇りを失うな。われわれは世界一優秀な民族だ。その自覚をもって祖国に献身せよ」
====アドルフ・ヒットラー====

85 :名無しさん:2000/06/04(日) 13:01
進歩のない者は決して勝たない。負けて目覚めることが最上の道だ。
日本は進歩ということを軽んじすぎた。私的な潔癖や徳義にこだわって、真の進歩を忘れていた。

敗れて目覚める、それ以外にどうして日本が救われるか。今目覚めずしていつ救われるか。
俺たちはその先導になるのだ。日本の新生にさきがけて散る。まさに本望じゃないか。


「戦艦大和の最後」ヨリ、白淵大尉

86 :>85:2000/06/04(日) 13:04
ああ。それ、おれも読んだ。なんか、100パーセント犬死を目前にして、
みんな一生懸命いろいろ考えてるの読んだら、泣けた。


87 :名無しさん:2000/06/04(日) 14:21
まあ、犬死することがわかってれば
何か考えるか何も考えないかどちらかだろうな。


88 :パンヤ:2000/06/04(日) 16:54
単位もらえなかったら、
その科目が残っているだけでだけで1年間留年という大事なレポート。
教授の部屋に持っていったら、
一読して、
「それでは、このレポートをあそこの箱に入れておいてください」
その先には、ごみ箱があった。

89 :名無しさん:2000/06/04(日) 18:20
>88
御自愛下さい。


90 :書いてないようなので:2000/06/04(日) 19:04
Nut

91 :名無しさん:2000/06/04(日) 20:16
総統!歩けます!

92 :名無しさん:2000/06/04(日) 22:31
左ノ電ヲ次官に御通報方取計ヲ得度
沖縄県民ノ実状ニ関シテハ県知事ヨリ報告セラルベキモ県ニハ既ニ通信力ナク第三十二軍司令部又
通信ノ余力ナシト認メラルニ付 本職県知事ノ依頼ヲウケラルニ非ザレドモ現状ヲ看護スルニ忍ビ
ズ 之ニ代シテ緊急御通知申上グ 沖縄島ニ敵攻略ヲ開始以来 陸海軍方面 防衛先頭ニ専念シ
県民ニ関シテハ殆ド顧ルニ暇ナカリキ 然レドモ本職ノ知レル範囲ニ於テハ県民ハ青壮年ノ全部ヲ
防衛招集ニ捧ゲ (中略)
本戦闘ノ末期ト沖縄島実状形???一木一草焦土ト化セン 糧食六月一杯ヲ支フルノミナリト謂フ
沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ
-海軍根拠地隊司令官 大田實少将6月6日海軍次官に宛てた電報


93 :>92:2000/06/05(月) 08:26
略すくらいだったら最後の一文だけで十分です。

94 :海の人:2000/06/05(月) 10:13
 こんな血を吐くような電報をうけとっておきながら、それでも天ちゃんの
聖断を待たなくちゃいけないような国なんだよなぁ、日本って。



95 :三等兵:2000/06/05(月) 10:32

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |  不敬罪!!!
       \  ______________
         ∨
         _____
         /_ ☆|              Λ_Λ
 ――――//T´∀`) ̄             (;´Д`) ウワア!
   ――(つ¬≡∩二二≒====== ⊂    ⊂ )
   ――∠/~回=〉             ┗=〉  〉\\
  ――/ / ゝ ゝ               (__) (_)
   ミく__) ミ\_)           


96 :名無しさん:2000/06/05(月) 10:34
>94
でも、ソビエト参戦前に政府が降伏を匂わすような行動をとれば
ほぼ間違いなく陸軍によるクーデターが発生したでしょう。

97 :鈴木貫太郎:2000/06/05(月) 11:49
(昭和20年4月十某日)
現在、戦況が我になく米国の優位にあるのはもとよりルーズベルト氏の指導によるものにして
彼の死が米国民にもたらす大きな意味を私は理解するのであります。
私は深甚なる哀悼の意を米国民に送るものであります。しかし、ルーズベルト氏の死去があろうとも
米国の戦争推進努力が少しも衰えるものではないと覚悟しております。、、、、、、

98 :名無しさん:2000/06/05(月) 16:39
>97

鈴木貫太郎氏は、並みの人物ではないね。
かって、鬼の青年士官と呼ばれた勇猛さや、
陛下の侍従長時代にみせた、幅広い識見。
それと、政治に関する優れたバランス感覚。
今の日本の政界に彼のような人材がいたら..。

99 :名無しさん:2000/06/05(月) 17:19
一死大罪を謝す。でしたっけ?

100 :名無しさん:2000/06/05(月) 17:20
>97@` 98
「おれは日本のバドリオになる」でしたっけ? 総理大臣
任命後に自分の決意を息子さんに語った言葉。
命がけで終戦工作をした鈴木貫太郎と米内光政はすごいっす。


101 :W.T.シャーマン:2000/06/05(月) 17:48
アトランタ市民に退去を命じて。

「私ぐらい戦争を悲惨なものにできる人間はいないと思うよ。
戦争とは残酷なものだ。改善のしようのないものだ。
我が国に戦争をもたらしたものどもは、人々が考えつく限りの
呪いと悪罵に値するのだ。国家の分裂と平和は同居できない。
合衆国を認め、国家政府の権威を認めるなら、我が軍団は諸君の
庇護者となり、あらゆる危険から諸君を守りぬくであろう。
大嵐に向って祈りを奉げるように、戦争の恐ろしい苦しみにも
祈ったらいい。
アトランタの市民が再び平和に暮らすことを求めるなら、その
唯一の方法は戦争をやめることだ。
我々は、諸君の黒んぼたちを欲しいわけではない。
馬も土地もいらないし、財産も何もいらない。
何より合衆国の法律を崇め従うこと、我が方の望みはこれのみである。
それが諸君の文明の破壊を意味するなら、我々としても仕方がないね。」

102 :名無しさん:2000/06/05(月) 21:24
>99
それは阿南陸軍大臣。彼もよく押さえたと思います。
「一死を以って大罪を謝し奉る」
この大罪がなにを指すかがポイントだと思う。


かくすれば かくなるものと 知りつつも
なさねばならぬ 大和魂 (合ってる?)
===吉田松陰===

103 :名無しさん:2000/06/05(月) 21:46
「俺は空で死ぬぞ!」

昭和19年春トラック大空襲でグラマンの乱舞する空に向かって飛び立っていった
彗星の操縦士

104 :昭和天皇:2000/06/05(月) 22:12
あっ、そう

105 :昭和天皇@病床:2000/06/05(月) 22:21
昭和63年9月

「この夏はひときわ雨の日が多いが、今年の米の作柄はどうなっているのか?」

106 :彩雲:2000/06/05(月) 23:13
ワレニオイツクグラマンナシ

107 :>106:2000/06/05(月) 23:26
「われに追いつく敵機無し」
じゃなかったっけ
どっち?

108 :名無しさん:2000/06/06(火) 10:16
トラトラトラ

109 :ヒロヒト:2000/06/06(火) 10:22
御前会議の席上で
「マレーはまだ落ちんのか?余の陸軍は何をしておるのか?」

なぜ絞首刑にならなかったのかな?

110 :ペリリュー島玉砕:2000/06/06(火) 10:23
サクラサクラ

111 :ぱっとん:2000/06/06(火) 10:27
「戦車のグリースが切れたら敵のはらわたを使え」

112 :池田隼人:2000/06/06(火) 10:44
貧乏人は麦を食え

113 :昭和天皇:2000/06/06(火) 10:57
昭和16年ある月

中国大陸で4年も戦闘を続けているのに、さらに米国と事を構えることができるのか?
太平洋は中国大陸よりもはるかに広大であるぞ。

114 :石原莞爾:2000/06/06(火) 11:17
酒田極東国際軍事法廷で


「ペリ−をあの世から戦犯として連れてこい!」


病床に見舞いに来た、ソ連赤軍参謀が彼の天皇信仰を嘲笑し

「無礼者!貴様はスタ−リンを神のごとく信仰しているくせに
他人の信仰を嘲笑うとは何事だ!こんな馬鹿野郎とは話したくない!即刻帰れ!」


115 :オード・C・ウィンゲート:2000/06/06(火) 11:20
戦いには天才が必要だ。 が、組織の中で天才がどう生きるかは別問題である。

116 :ヒロヒト:2000/06/06(火) 11:22
四方の海
皆同胞と思う世に
等波風の立ち騒ぐらむ

117 :山本五十六:2000/06/06(火) 11:33
近衛文麿に対米戦の見通しを聞かれ

「半年や一年は存分に暴れてご覧に入れます。でも、その先はいっさい
保証ができません。」

「やってみて、やらせてみせて、誉めてやらねば 人は動かじ。」

118 :東郷平八郎:2000/06/06(火) 11:39
日本海海戦後

「勝って兜の緒を締めよ!諸君らの戦いはまだ終わってはいない!」

119 :坂井三郎:2000/06/06(火) 11:42


日本と米国の国力差が10倍以上だとしたら、俺は15機以上撃墜するまでは断じて落とされない!」

120 :操舵士:2000/06/06(火) 11:47
「面舵いっぱ〜い!」

121 :メーテル:2000/06/06(火) 11:54
「今に、今にわかるわ…」

122 :ゲーリング元空軍大将:2000/06/06(火) 12:47
ソ連判事に対して、
「いま、俺たちを裁いたお前たちにも、必ずこうして裁かれる日が来るぞ」

123 :パーシバル中将:2000/06/06(火) 12:51
山本大将処刑について

戦争の法規と慣習をどのような形で犯したのであろうとも、山本将軍は、
マレーとフィリピンにおける彼の記録が証してるように、きわめて有能な、
決然たる軍司令官であったし、またきわめて勇猛な将軍であった

124 :123:2000/06/06(火) 12:52
山下の間違いだべや、許してちょ

125 :少し脱線・・・。:2000/06/06(火) 13:09
とある大学の教授、巨人軍が負けると再提出のレポートを破くのを趣味としていました。
さて、いつものように生徒のレポートを憂さ晴らしに生徒の前でびりびりに破いて、
さあ帰ろうと自分の車の所に戻ってみると、何故か彼の車はボロボロになっていました。
そして、彼の車のボンネットには白いペンキでデカデカと
「天誅」
の二文字が。
それ以来、教授達の車は生徒が近づけない場所におかれ、警備員が巡回するようになったのだそうな。


126 :OoOOoo:2000/06/06(火) 13:11
山下将軍その2
「イエスか、ノーか」

127 :スレッジ・ハマー:2000/06/06(火) 13:52
「勝って兜のカブトムシ」

128 :栗林兵団@硫黄島:2000/06/06(火) 18:04
「チチジマノミナサン サヨウナラ」

129 :名無しさん:2000/06/06(火) 20:32
>1

フィリピン人がトイレに行くときに言うセリフだってかなり前の新聞で
見たよ。

だからどうってわけじゃないけど、当のフィリピンではジョークのネタ
に使われてるらしい。


130 :金正日:2000/06/07(水) 01:08
英雄的朝鮮人民軍に栄光あれ!

131 :パットン:2000/06/07(水) 09:42
(交通事故に遭って死ぬ間際)
「軍人の死に様ではないな…」

132 :R.ハーマン.Jr.:2000/06/07(水) 12:52
「誰もがこの世の役に立つ。生きる事によって役立つ者もいれば、
死ぬ事によってのみ役立つ者もいる。お前にはまだ選択する
時間があるんだ」

Power Curve より

133 :東照大権現:2000/06/07(水) 18:18
「人の一生は重き荷物を背負って
坂道を登るようなものだ」

134 :辻政信:2000/06/07(水) 18:29
「戦争というのは勝ち目があるからやる、
ないから止めるというものではない。」


135 :相沢三郎:2000/06/07(水) 18:35
(永田鉄山を斬殺後に)
「自分の行為は伊勢神宮のお告げに従ったものであって、
犯罪ではない」

136 :和尚:2000/06/07(水) 21:07
「大勢死にました。
 とてもいい気持ちです。」
(ヴァンデミエールの王党派蜂起鎮圧後ナポレオンの兄への手紙)

137 :さだまさし:2000/06/07(水) 21:15
「海は死にますか?」
(日露戦争映画につけた主題歌の一節。いかなる心境から上記の質問が出たかは不明)

138 :名無しさん:2000/06/07(水) 21:19
>137
「陸も氏にますか?」はナシか?

139 :李承晩:2000/06/07(水) 21:53
休戦には反対しない、だがサインはするな!

140 :名無しさん:2000/06/07(水) 22:15
>138

残念。
「山は死にますか」です。


141 :名無しさん:2000/06/07(水) 22:17
「発令所、ソナー室」
「発令所、アイ」

142 :名無しさん:2000/06/07(水) 22:22
「あー、何故まず我々に新装備が与えられるか?
それは、我々が精強でなければならないからであーる」
(とある試験の朝礼で、支援隊長殿より)

143 :マ元帥:2000/06/07(水) 23:30
大至急食料を送れ、さもなくば暴徒鎮圧用の1個師団を送れ!

144 :浜田国松:2000/06/08(木) 02:27
私が陸軍を侮辱したというなら腹を切ろう。
だが、私が侮辱していないことが分かったなら君腹を切れ。

145 :>144:2000/06/08(木) 02:48
陸軍を侮辱した。

146 :犬養毅:2000/06/09(金) 12:10
「話せばわかる」
でも、ころされちゃった

147 :名無しさん:2000/06/09(金) 12:13
問答無用!
撃てぇぇぇ!!

148 :Qwerty:2000/06/09(金) 12:14
>海は死にますか

この世の生きとし生けるものの全ての命に限りがあるのならば、
が前提です。海や山の命の息吹を感じられない方には意味不明でしょう。

149 :>144:2000/06/09(金) 12:17
あ、それこないだ新聞で読んだ。
そう言う責任ある政治家今居ないね

150 :ちなみに:2000/06/09(金) 12:18
ジャーナリストの立花隆は、5.15事件で三上卓の思想的指導者をつとめた
橘孝三郎の傍系です。

立花隆は昔、好きな女にふりかえってもらおうと、
「何故、自分は貴女にふさわしいか」
と理由を書き綴った原稿用紙1000枚のラブレターを送ったとか。
結果は無論、いわずもがなでしょう(笑)

ちょっぴり、心の不安定な家系のようです。

151 :さだまさし>148:2000/06/09(金) 12:20
詩心のない自分を恥じます(笑)

152 :名無しさん:2000/06/09(金) 12:31
明治大学ラグビー部監督

「ただひたすら前へ!」

153 :バウアー大尉:2000/06/09(金) 22:07
俺のケツを舐めろ!!


154 :クリントン大統領:2000/06/10(土) 02:01
俺のチンポを舐めろ!!

155 :酒巻和男少尉:2000/06/10(土) 19:56
「いいか、艇付、笑って死ね。人間万事塞翁が馬だ。」

156 :坂井三郎:2000/06/10(土) 19:57
ガダルカナル上空にて・・・
延々と続く何百という輸送船団、周りを取り巻く白い航跡は警戒中の
駆逐艦であろうか。私にはアメリカが海の向こうから長い艀をのばして
日本まで手を伸ばそうとしているように見えた。
この瞬間思った「戦争は負けだ」と。

157 :ファットボーイ:2000/06/10(土) 20:02
ラッキーストライク!!!!!!!!!!

158 :名無しさん:2000/06/11(日) 12:10
なんじゃ、こりゃーーー、、優作もう10年か

159 :ヘミングウェイ「移動祝祭日」:2000/06/12(月) 02:33
もしきみが、
青春の若き日に
ドイツ軍にのめりこんだら、
ドイツ軍はきみの一生についてまわるだろう。
なぜならドイツ軍は
移動祝祭日なのだから

160 :やそじ:2000/06/13(火) 02:29
敷島の大和島根のこの国は
 益荒男の 悲しき命 積み重ね
 死に替わりつ 生まれ変わりつ
  「特攻隊遺書」

>102
かくすればかくなるものと知りつつも やむにやまれぬ大和魂

161 :吉田松陰:2000/06/14(水) 09:40
身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも とどめおかまし 大和魂

162 :決戦沖縄!!:2000/06/18(日) 13:38
「なにーっ、よく聞こえない!!??」

「いいか、敵の数が多すぎて海の色が見えないっ。
敵が7分で海が3分。敵が7分で海が3分っ!!」

163 :1等海尉:2000/06/18(日) 13:46
横須賀の風俗店はショボイなぁ・・

164 :>163:2000/06/18(日) 14:26
そりゃ名言だ

165 :南雲忠一:2000/06/18(日) 14:51
「勝負は正攻法でいこう」

・・・・・オイ

166 :やぎさん:2000/06/18(日) 21:41
30年前の川柳
たまにうつ、たまがないのは、たまにきず

167 :海の人:2000/06/18(日) 21:51
>166
 今もそうです(笑)



168 :松島基地のある人の御言葉:2000/06/18(日) 22:48
「殖栗の裏がかいーの」

169 :>168:2000/06/18(日) 22:58
国防の最前線においても、なお武人たるもの余裕を持ってわが身を省み、
心身の自己チェックをおこたらぬ気構えから発せられた言葉とみます。

・・・目頭が熱くなりました。

170 :豚勝軍:2000/06/19(月) 04:01
弾たまに頭に当たる。弾にたまげる。こりゃたまらない。

171 :ごっぐ:2000/06/20(火) 01:37
戦闘工兵隊のモットー(非公式):
『まずおれたちは掘る、そして、その中で死ぬ』
・・・ごめんなさいハインラインです。

172 :のらくろ!:2000/06/20(火) 03:09
どっち見てるんだ!
キョロキョロするな、前向いて進む!!


29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)