5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

軍事費、特に戦闘機の開発費って高すぎない?

1 :fff:2000/05/10(水) 16:51
このままいくと、アメリカの軍事予算1年分で新鋭戦闘機1機しか買えなくなるぞ。

2 :>:2000/05/10(水) 17:18
>1
はあ?

3 :>1:2000/05/10(水) 18:29

あんた出直してきなさい。
1機しか買えない値段でどうやって国防するの?
国防が先にあって、その手段として戦闘機開発があるんだから、
他メーカがコストダウンしてくることを考えなさい。


4 :>1:2000/05/10(水) 19:53
まあ、確かに高いのは認めます。
F−22は現段階で推定単価1億7千万ドル超ですから。



5 :名無す:2000/05/10(水) 19:54
あんまり高いとそのうち議会が承認しなくなるでしょう。

6 :名無しさん:2000/05/10(水) 20:06
すでにもめてます。
最近はJSFパッシングに議会が移行しつつあるのでF-22の方は静かに
なったようですが、JSFの方が技術的に成功の目処がたったら、また
叩かれるかもしれません。(JSFのCTOL型で十分だと・・・)

7 :民間会社:2000/05/11(木) 04:21
戦闘機の開発費には天下り費も含まれるので

8 :名無しさん:2000/05/11(木) 04:23
もちろん、天下りの方達は役立ってます。
彼らのおかげで、よりすばらしい兵器が開発できるのです。

9 :名無しさん:2000/05/11(木) 15:56
コストと性能の比較で考えるとロシア製がいいかもな。
スティルスは自前で。

10 :名無しさん:2000/05/11(木) 15:57
1億7千万ドルとかいったら・・・・
パイロット養成費用だのメンテだの考えると2億弱?
5機あればイージス艦が買えるぞ。

11 :名無しさん:2000/05/11(木) 16:20
ただF-4EJが37億、F-15が100億、F-2が128億だから・・・10年後のF-22が
単価200億ってのは時代相応な値段なのかもしれない。


12 :名無しさん:2000/05/11(木) 17:13
F-22はともかくF-2の価格は異常だよ。
あの少ない生産数で開発コストを全部回収してお釣りまで出そ
うとするんだからね。
これが俺の国産兵器固執に反対する最大の理由の一つ。


13 :>12:2000/05/11(木) 17:51
技術の維持のためには・・・。

14 :名無しさん:2000/05/11(木) 18:43
>13
その技術の維持というのが無意味なのじゃないでしょうか?

15 :匿名希望:2000/05/11(木) 18:48
>13
「既得権益の維持」と言うほうが正しいかもしれませんね。

16 :名無しさん:2000/05/11(木) 19:04
http://www.jda-cpo.go.jp/teiankoukoku.pdf
これで価格が少しでも下がるといいんですけどね…

17 :名無しさん:2000/05/11(木) 19:37
>16
悪評高かった90式戦車の値段はだいぶ下がって来てます、当初10億円超
から現在は7億円の筈です(だったけな?、間違ってたらゴメン)
F-2も量産が進めば少しは下がるかもしれませんが、それでも半額になる事
はないでしょう、1〜2割下がれば良い方だと思います。
それと兵器は時間が経てば相対的に陳腐化して行きますので、適時改良が
必要です、この時に新型の装備を追加したり載せ替えたりすればまた単価
は上がります。(自衛隊の場合、この改良をなかなかやらないか出来ない
点で問題がありますが)
結局は初期の値段は後々も緒を引くと思います。
(単価が下がったと言われる90式戦車もレオパルドIIA5並の改修をやったら
 新造車の単価は元に戻ると思います)


18 :名無しさん:2000/05/11(木) 19:45

調達数を増やせば単価の中の開発費分担分が減るので一番単価軽減には効果が
あります。それに年間調達数を増やして量産ラインを効率良く組めれば、これ
も製造コストを下げる事が出来ます。
ただ輸出出来ない現状では調達数は減らされる事はあっても増える事はまず無い
だろうから、これも望み薄ですね(T-T)



19 :名無しさん:2000/05/11(木) 20:33
探したら面白いものがありました。
http://www.jda-cpo.go.jp/sokuhouchi-11nendo-01.htm
結構価格が下がっていますね。

20 :名無しさん:2000/05/11(木) 20:50
F-2が100億切ってますね(良かった良かった・・・って涙ぐむ事かいな)
ただ主翼の亀裂問題ってどうなったんだろうか?
陸自の96式APCはなんとか1億切って欲しいです。

なんだかんだいって安くなっているのはコスト削減策が効いているんだろうか?
(そうすると今まではなんだったんだ・・・って事になるけど)
ひょっとして消耗品とか別の物品の価格上積みして見た目の単価だけ下げてたり
して^^;


21 :名無しさん:2000/05/12(金) 01:19
いざという時にフル生産する事を考えて、無理やりコスト無視で
生産している可能性はないですか。
もし、そうなら平時に高くてもしかたないと納得できますけど。




22 :今時の戦争じゃ、:2000/05/12(金) 01:40
有事になってから生産するんじゃあ
間に合わないと思うけど…。>21

23 :名無しさん:2000/05/12(金) 04:52
第二次大戦じゃあるまいし兵器を生産しながら戦うような長期
戦を日本が戦えるとでも?


24 :天下り:2000/05/12(金) 05:03
俺達だってカスミ食って生きてるんじゃない。

25 :名無しさん:2000/05/12(金) 07:43
>いざという時にフル生産する事を考えて、

 「いざという時」、というのが「アメリカが武器を売ってくれなくな
った時」という意味なら同意します。装輪装甲車の類まで平時から設計
しておく必要は感じませんけど、昔の南アの様に「何でも装輪」とか、
イスラエルの様に「有るものでなんとか」というのも。

 コスト高という意味では、欧州の兵器開発も似たようなものだと思い
ますが、共同開発、共同生産で組める相手が居ないというのが痛いです
ね。

26 :名無しさん:2000/05/12(金) 10:17
10億円あったらいくつパンツァーファウスト買えるかな?

27 :名無しさん:2000/05/12(金) 11:42
>26
XXXX地域を早急に奪還せよ。守備兵力は不明なれど多数の防御兵器
の配備が見込まれる。事前空爆と砲撃は実施するが地形上完璧な排
除は不可能。砲撃後の突入を命ずる。

と言うシチュエーションで、その多数のパンツァーファウストは
どう役に立つのかな?
# 戦車いかがっすかぁ。

28 :名無しさん:2000/05/12(金) 12:19
一家に一台重MAT

29 :名無しさん:2000/05/12(金) 12:22
十億ならもっと対空戦車がほしいな

30 :名無しさん:2000/05/12(金) 12:57
>29
もっとというほど買えないんでないかな。
下手すると一台も。


31 :20:2000/05/12(金) 14:46
>20訂正
F-2の単価訂正です。
調達本部の値段は(機体・エンジン)ですね、平成12年度予算だと9機調達で
単価は118億となります。


32 :名無しさん:2000/05/12(金) 16:35
それでも10億も安くなっているんですか…
コストダウンしようと思えば出来るんじゃん。

33 :>1:2000/05/14(日) 06:02
私の思い込みかも知れませんが、紛争って空軍力だけで
かたを付けようと思ってませんか、最近のアメリカは。
だから1機落とされて世論に騒がれて国策遂行が困難になる
よりは、最高の戦闘機、爆撃機でパーフェクトゲームを目指す
こういうことではないでしょうか。


34 :名無しさん:2000/05/14(日) 06:22
まるでゲームしてるみたいだね。いやホンマに。

35 :>33:2000/05/14(日) 06:27
まあ米軍は湾岸戦争勝利後「航空戦力が地上戦力を打ち破った
最初の戦争だ!」って豪語してましたからね。
今後も空軍力信仰はしばらく続くんじゃないですか。
つーか航空兵力は現代戦に勝つための大きな要因である事も確かだし。

36 :> 35:2000/05/14(日) 12:00
それ以前に宇宙インフラの功績を忘れるべからず。

37 :fff:2000/05/15(月) 10:32
地上軍を投入して戦死者が沢山でると有権者にウケがとれないからです
ベトナム以来アメリカは臆病になってますね。
>33

38 :名無しさん:2000/05/15(月) 11:01
高価な航空機を大量投入で被害のでかくなる地上戦闘を最小限
に・・・
ある意味もっとも「健全」な思想の元の戦争とは言えるかな。
金持ちしかできないが。

39 :あび・・・:2000/05/15(月) 12:42
アメリカはベトナム戦争以来、「死者ゼロ」なるものを目指してきた
その死者ゼロシステムも結構完成に近づいてきたみたい。
最近の管制システムは本当にゲームみたいです。
アメリカ兵士なら一人死んだだけでも大騒ぎだけど、
爆撃による民間人の多数の死者は仕方がないと片付けられる。
怖い国だよね。

40 :名無しさん:2000/05/15(月) 13:06
いつぞやの特番で湾岸の時の画像があった。
アパッチらしき暗視画像の中で、車列を攻撃しているシーンでは次々にロックオン、発射、撃破。ゲームよりはるかに簡単に見える。また、人にもロックオンしており機関砲の弾着で倒れたり伏せるのが見える。生き残ったのが走り出すと、また射撃。

あれは戦争ではない。

インタビューに答えていた米軍将官の言が印象深かった。
本人はパイロット上がりで、ベトナムで戦友をかなりうしなった事もあり損害を
出さなくてすむように努力してきたそうだ。しかし、この作戦はどこか間違っている
のではないか、という感想を漏らしていた。損害がない(少ない)となると、
かえって安易に軍事オプションを選択するのではないか、という懸念も語っていた。

軍事は政治の延長であるから、これはこれで正しいのかもしれないが。

41 :名無しさん:2000/05/15(月) 13:21
>40
あの世に行ったら神の裁きを受けるだろうとも言ってたね。
勝者の余裕でしかないだろうけども。もし味方が死にまくって
責任を問われていたらそんな事も言ってられまい。

42 :名無しさん:2000/05/15(月) 14:27
これでアメリカを打ち倒す方法はテロしかなくなったな。
それも”第四のプロトコル”つまり、小型核だ。
アメリカは自分の領域外ではもはや負けることはないだろう。
しかし、
内部は黒人白人ヒスパニック東洋系等の民族的対立や、
銃や麻薬による社会的不安が高い国でもある。
だから逆に対立のエネルギーを外に向けているのかもしれないが。
とにかく、ロス暴動の時のような社会不安が起きれば、
結構脆い国かもしれないね。

43 :マーシャル・ロー:2000/05/15(月) 15:59
みたいだね

44 :名無しさん:2000/05/17(水) 05:57
ゲーム化ってそれを目指してるんだから当然そうなるでしょう。
よりシンプルに合理的に確実に・・・って。
棍棒を与えればそれで殺すし素粒子計算機があればそれを使うでしょうし。
殺される方法で生と死の価値は変わらないと思います。
そして戦争ってその方法論でなくて、ゲーム化した殺人、民間人の被害なんていうものを許容し目的を遂行しようする意思そのものです。
私はそれに気付かないことのほうが怖いです。
もちろんゲーム化とかを純粋に憂慮して仰っているのは分かりますが。

>42
他のスレでも言われてたけど、徳間書店の邦訳なんて認めないね。ってこと?


10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)